FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2017.02.14
指をなくした72際・元大工、獅子舞伝統継承のため日々奔走

2月4日、中国の通信社・中国新聞社のウェブサイト「中国新聞網」によると、湖南省張家界に、伝統の獅子舞を継承するため、日々奔走する72歳の元大工がいる。

 

Screen Shot 2017-02-14 at 11.18.20

Screen Shot 2017-02-14 at 11.18.09

張家界永定区伝統の獅子舞(出典:中新網)

 

 

湖南省張家界永定区に住む元大工の鄒啓仲(ゾウ・チージョン)さんは、今年72歳だが、12人の弟子を引き連れ、小正月にあたる「元宵節」に獅子舞を舞う予定だ。

 

元宵節は、張家界でも賑わう民間伝統行事のひとつで、鄒さんは17歳の時から参加している。鄒さんによると、この地方で獅子は「土家地獅子」と呼ばれ、張家界永定区独自の特徴があり、材料や見た目においても南方の獅子とは大きく異なる。鄒さんは奔走し、獅子のために新しい犬と熊の毛皮を調達したが、毛皮で獅子を作れる職人は探してもどこにもいなかったという。

 

Screen Shot 2017-02-14 at 11.17.38

すでに製造も困難な「土家地獅子」(出典:中新網)

 

 

若い頃は、蛇踊り獅子舞の稽古に励んでおり、特に獅子の左右前後に舞う絶技に長けていたという。2003年、鄒さんは大工の仕事中に右手親指以外の指を切断した。しかし、獅子舞にかける情熱は色あせなかった。去年7月には、蛇踊りや獅子舞といった武術文化を継承するため、獅子舞教室を設置した。

 

旧正月が明け、獅子舞の特訓が再開した。弟子たちは、練習開始早々に息が上がって、体力がついていかない。鄒さんは、若いころの経験談で弟子たちを励ます。いつか弟子の中から、継承者が育つことを鄒さんは切望している。

 

Screen Shot 2017-02-14 at 11.18.27

将来の継承者となる青年たちに熱心に指導をする(出典:中新網)

 

 

参考元:http://www.chinanews.com/tp/hd2011/2017/02-04/712698.shtml#nextpage

 

※株式会社フライメディアは、中華圏と日本をつなぐ会社です。

本日御紹介した「指をなくした72際・元大工、獅子舞伝統継承のため日々奔走」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧頂き、お問い合わせください。

 


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒105-7110
東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター10F(1016室)
TEL: 03-5537-7281 / FAX: 03-5537-7282 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
United Smile Limited
九龍佐敦德興街12號興富中心19樓1906室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.