FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2018.08.07
食べちゃうのがもったいない!台湾で見つけたアニマル型スイーツ

2018年7月30日、台湾メディアPopDailyは、台湾のレストランやスイーツ店で提供されている、本物と見間違えるほどリアルな動物型の食べ物やスイーツを紹介した。

まずは、台中市にあるレストラン・茶吉堂の「金魚ギョウザ」だ。ここでは、さまざまな花を使った色鮮やかなフラワーティーのほか、花びらがあしらわれた目にも爽やかな料理を楽しむことができる。そして「水を得た魚麺」を注文すると出てくるのが、オレンジと白のまだら模様をした金魚ギョウザだ。そのフォルムはもちろん、うろこの質感まで本物そっくりで、器の中に本物の金魚が泳いでいるような錯覚に陥る。中身はエビのすり身で、外側の皮はとてもモチモチしておいしいという。

 

(その名も、「水を得た魚麺」 出典:インスタグラム)

続いては、高雄市にあるアートレストランJ.C.co芸術餐厨で提供されている「ブルドッグアイス」。地べたにベッタリと這いつくばる脱力系のブルドッグ型アイスで、ミルクティー味、チョコレート味、ピーナッツ味の3種類がある。特筆すべきは非常にリアルなデザインで、ブルドッグ特有のたるんだ皮の質感や、その上に生えている毛の感じが本物そっくり。むしろリアルすぎて怖いくらいだ。これだけ本物に近いと、かぶりついたり切ったりするのに罪悪感が伴いそうだ。なお、台中市にあるスイーツ店・耕者有其田では、同じブルドッグデザインのケーキが売られているようである。

 

(食べるのがためらわれるほど、リアルなフォルム 出典:インスタグラム)

最後に紹介するのは、台南市にあるカフェStudio io designの「うさぎケーキ」だ。レモンタルトの台座の上に、真っ白なウサギが1羽ちょこんと乗っていてとても可愛らしい。白ウサギはミルクリッチな味わいのヨーグルトムースで、その中にはラズベリームースが入っている。見た目も涼しげだが、食べてもとても爽やかで飽きの来ないスイーツだ。

 

(切り株に、ウサギが1羽やって来て…… 出典:インスタグラム)

おいしそうだけれど可愛すぎて食べるのがもったいない……食文化も発想力も豊かな台湾には、まだまだたくさんの動物型の食べ物やスイーツがありそうだ。

 

(情報源 https://www.popdaily.com.tw/article/106941

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。

本日御紹介した「台湾のアニマルスイーツ」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.