FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2018.02.06
急成長カメラフォン OPPO 「R11s」日本で発売、その戦略とは? 中国での実績は? 

2018年1月31日中国OPPOが日本進出を正式発表。2月9日からビッグカメラとヨドバシカメラで発売される「R11s」とは 

       

中国スマホメーカーの躍進が止まらない(掲載元:虎嗅網)

 

1 月31日の虎嗅網によると価格は中国内よりやや高い6万円。SIMフリーのスマートフォンで、色はレッド、ブラック、シャンパンの三色。中国市場は徐々に飽和状態、米国には入り込めない、ヨーロッパには特許の問題があり、東南アジアでは価格競争力がない、という中で、0PP0は日本に照準を定めた

       

縦長で持ちやすく見やすい(掲載元:Android Authority、虎嗅網)

 

日本人ユーザーが日本製を好むと思いきや、日本では実はiPhoneが依然人気を誇り、昨年のIDC Japanが発表したデータでも、シャープや京セラ、ソニーをはるかにしのいで、アップル社のシェアが50%を占めている。しかしながら、残りのシェアは日本メーカーが分けあってそれぞれ10%づつという感じで、韓国のサムスン、LGや中国メーカーは存在感がない。

 

しかし、日本メーカーは国際的な人気動向に後ろ向きで、イノベーション能力に欠けると見られ、OPPOは、iPhoneの残りの「ハーフ・ピザ」を狙う

       

鄧宇辰CEOはグローバル化への重要な一歩と表明(掲載元:新華網)

 

1月31日にQuestMobileが発表した『2017年中国スマートフォン報告』によると、中国ではアップルのシェアが下がる傾向にあり、フアーウェイ、OPPO、vivo、金立が躍進し、シャオミーは勢いが衰えているOPPOの特徴は、そのユーザーの60%が女性であること、30歳以下の若者が80%近くを占めていることだフアーウェイやシャオミーのユーザーの約70%は男性だ。

OPPOは中国の内陸部や地方都市でシェアを伸ばしており、この内陸部、地方都市は今後スマホゲームアプリのユーザー増加が見込まれている。

       

中国の0PP0ショップに並ぶ若者たち(掲載元:百度)

 

OPPO R11s が女性に大人気なのは、セルフィー、ビューティーに優れているから。今後、イメージキャラクター戦略にも力を入れて行くだろう。日本の電気通信業者との提携機販売やMVNO販拡も見込まれる。ブランドを浸透させて将来的には専門店、フラッグシップショップの展開を目指す。

 

(情報元:http://tech.ifeng.com/a/20180201/44868038_0.shtml

     https://baijiahao.baidu.com/s?id=1588374577614324932&wfr=spider&for=pc

     https://www.huxiu.com/article/231823.html?f=chouti

     http://www.xinhuanet.com/tech/2018-02/01/c_1122353536.htm

 

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「OPPOの戦略」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧いただき、お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.