FLY MEDIA BLOG

FLY MEDIA BLOG

2021.09.21
毎年恒例の“月餅商戦”もいよいよ佳境へ。

毎年、秋の気配を感じるころ、街のいたるところで目につくのが「月餅(ユエピン/げっぺい)」初秋の風物詩でもある。上海でよく見かける「蘇式(蘇州式)月餅」や「広式(広東式)月餅」など定番の月餅以外にも斬新な月餅が続々と登場し、その種類は豊富。

 

さらにゴディバ、スターバックス、ハーゲンダッツといった海外ブランドも参戦するなど、「月餅商戦」は、年々加熱している。

 

上海・スターバックス月餅

海外ブランドのオリジナル月餅(上海)

 

毎年、様々な「餡(アン)」の月餅が発売されるので、それを楽しみにしているファンも多く、SNSなどでも話題となるが、ここ近年は、博物館や美術館が販売するオリジナル月餅なども好評。ネット販売主体で、ここ数年の「国潮」ブームの中、「文化」「古典」といったテーマのパッケージやデザインへの人気が高い。

 

上海・中秋節に食べる月餅

パッケージもおしゃれな今どきの月餅(上海)

 

また、消費の主力層となっているデジタルネイティブ世代(一般に2000年以降に成人を迎えた世代のこと)の嗜好は多様化しており、新しいものやクリエイティブなものに関心が集まり、ネットユーザーからの支持も高く、SNSを賑わせている。

 

一方で、豆沙(こしあん)、五仁(五種のナッツ)、ナツメ餡、蓮の実餡といった伝統的な月餅はどちらかというと、やはり購入者の年齢層が高い。

 

上海・ハーゲンダッツの月餅

毎年人気が高いハーゲンダッツの月餅(上海)

 

上海の“定番月餅”は、豚肉入りの「鮮肉月餅(シエンロウユエピン)」で、地元での有名店舗や老舗では毎年長蛇の列ができる。

 

上海・中秋節に肉入り月餅

肉入りジューシーな「鮮肉月餅」(上海)

 

日本で月餅と聞くと、味が甘いというイメージがあるかもしれないが、上海で行列ができる月餅の餡は「豚肉」なので、甘くなく、腹持ちもよい。

 

上海の定番「鮮肉月餅」

上海で行列ができる、人気の定番月餅!

 

この「鮮肉月餅」は、中秋節のシーズンでなくても、年間を通して販売されている。

 

上海・地下鉄構内の月餅広告

地下鉄構内の月餅広告(上海)

 

ところで、2021年の中秋節(旧暦8月15日)は9月21日(火)がその日にあたる

 

上海・老舗で行列ができる鮮肉月餅

南京東路でも鮮肉月餅を求める行列ができる(上海)

 

中秋節の日には、月見をしながら月餅を食べ、家庭円満を祈る風習があるが、現地では、9月19日(日)〜21日(火)の3日間が連休になる。コロナ禍下ではあるものの、この連休に周辺へのプチ旅行を楽しむ人も多い。

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービス、ライブ配信サービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「2021年中秋節」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら
totop TOPへ

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
TEL: 03-6206-3414 / FAX: 03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100026
北京市朝陽区姚家園路105号3号楼4階501室6
URL: https://www.flymedia-china.com/

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.