FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2019.09.17
香港より中秋節快樂

6月以降「逃亡犯条例」改正への抗議でざわついている香港だが、そんな中でも年に1度の中秋節を各地で祝うことができた。例年より人出も少なくささやかな祝いのように見うけられたが、それでもランタンで街が彩られることで、ここに住む人々の気持ちも多少リラックスできたのではないだろうか。

 

それでは、各地で行われた中秋節のイベントを簡単にご紹介してみたい。

 

こちらは何度も話題に出てきている湾仔の利東街。9月に入るとメインストリート沿いにランタンが下がり始めた。色とりどりのランタンには縁起の良い美しい花が描かれており、撮影スポットにもなっている。

 

利東街の美しいランタン。在住者だけではなく観光客も訪れる有名スポット

 

また中秋節当日にはLEDで美しく光りを放つファイヤードラゴンがお目見え。ちなみにこのファイヤードラゴンは火の代わりに煙を吐きながら美しく舞い踊るもの。1時間にわたり華麗なダンスを繰り広げ、多くの人を魅了した。

 

ランタンをバックに怪しく美しく光る龍の舞いは一見の価値がある

 

今年は明るいうちから舞いが始まった

 

そしてこちらは、ビクトリア公園で大々的に行われた「The Mid-Autumn Festival Lantern Carnivals 」。うさぎや巨大な龍をモチーフにした巨大なランタンの展示が行われた。尚、中秋節当日には、デモのモチーフやスローガンを描いた手作りランタンを持つ人々も多く訪れたようだ

 

中秋の名月とかわいらしい白いウサギのランタン

 

とぐろを巻く巨大な龍

 

こちらはクールカラーでまとめられた美しい白ウサギ

 

尖沙咀の文化中心前で行われているのは、新しいメディア・アートによる展示。バルーンのウサギが訪れる人を迎えてくれる。

 

ちょっと不思議なバルーンのうさぎ

 

距離を置いてみた様子

 

昨年ご紹介をした大坑のファイヤードラゴンダンスも、なんとか無事に開催がされた。無形文化遺産として大切に守られている伝統行事で、線香を身に纏った巨大な龍が荒れ狂うように踊る様子は、大迫力だ。

 

3日間行われる火龍の、最終日の様子

 

火龍の舞いを扱うのは男性のみとなるが、

女性や子供もこうして祭りの一部に参加をする

 

火龍の様子はまた別の機会に記していきたい。

 

本来中秋節は夜通し地下鉄などが運行され、一晩中夜更かしをしながら家族や大切な人々と祝うイベントの一つ。しかし今年は情勢を考え、交通機関の夜通しの運行はストップとなっている。(文/写真 香港コーディネーター 矢島園子)

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「香港中秋節」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308
URL: http://www.flymedia-china.com/

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.