FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2017.11.17
台湾先住民族文化を知る第一歩 順益台湾原住民博物館

かの有名な台北の国立故宮博物院斜め向かいにはもう一つ博物館があるのをご存知だろうか?『順益台湾原住民博物館』は、台湾先住民族をテーマとした私立博物館である。

 

順益台湾原住民博物館外観

 

台湾先住民族は漢民族よりもさらに前から台湾に居住していた人たちのことを指す。2017年現在、台湾政府に認定されている台湾先住民族は全部で16族。そのため、限られた期間内で台湾各地にある集落を訪問するのは非常に大変だしかしこの博物館では16族全ての文化に触れることができるため、興味がある部族を見つけたり、ある程度の知識を持ったうえで彼らの集落を訪れたいという人にはぴったりの場所だ。

 

1階台湾地図 台湾先住民族は全部で16族

 

この博物館の林清富理事長は台湾先住民族文化や台湾芸術に造詣が深く、長年集めてきた関連文物を多くの人に見てもらい、台湾文化の多様性を伝えたいという思いから博物館を創設した。

 

3階の衣服 日本人ガイドが丁寧に展示を説明してくれる

 

台湾先住民族というと日本人には馴染みが無いかもしれないが、実は彼らの部族語に日本語が混じっていたり、お正月に餅を食べるなど日本人と密接に関係している。このような事を多くの日本人に伝えたいと、博物館では台湾在住日本人による日本語ガイドサービスを行っている。他国の文化についての説明だが、日本人がガイドすることですっと頭と心に入ってくる。

 

また、ミュージアムショップでは台湾先住民族が製作した工芸品を販売されていて、どれも思わず可愛い!と言ってしまうものばかりだ。「台湾先住民族雑貨」は注目すべき台湾土産の一つであるだろう。

 

台湾のお土産に最適 ブックカバー・ポーチ

 

台湾グルメやシッピングもいいけれど、折角台湾に行ったのなら、こういったスポットを通じて、台湾への理解を深めるのも楽しい。

 

※「台湾原住民族」という呼称:

日本で一般的に用いられる「先住民族」は、台湾では”既に消滅した民族”を指すため、”元来居住していた民族”の意味合いを持つ「原住民族」を公式の名称として用いている。

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「順益台湾原住民博物館」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧いただき、お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒105-7110
東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター10F(1016室)
TEL: 03-5537-7281 / FAX: 03-5537-7282 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
United Smile Limited
九龍佐敦德興街12號興富中心19樓1906室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.