FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2018.03.08
数百万発の爆竹が壮観!貴州のミャオ族村で伝統の正月祭り

2018年2月21日、騰訊網によると、貴州省貴陽市内にあるミャオ族の村で春節を祝う伝統的な祭りが開かれ、数百万発もの爆竹が鳴らされた

 

旧正月の春節から5日めにあたった2月20日、同市の麦格ミャオ族プイ族郷龍窩村では「ミャオ族迎春年廠節」と呼ばれる伝統の祭りが行われた。この祭りには、新春を祝うとともにご先祖様や故人を偲び、雨の少ない現地において雨に恵まれるよう祈願する意味合いが込められているとのことである。

 

(竹竿に爆竹を巻きつける男性 出典:騰訊網)

 

祭りに参加するミャオ族の人たちは家族単位で集まり、故人の衣服を日傘で隠したうえで側に置いておく。そして頭に白い布を巻き、傘で隠した衣服の前で紙銭を燃やしたり、爆竹を鳴らしたりする。その際、女性たちは泣きながらご先祖様や故人に現在の良い暮らしを報告したり、故人の生前の様子を思い返したりするのだ。男性は焚かれた線香の周りで蘆笙(ろしょう)と呼ばれる葦の茎で作った笛を鳴らしながら踊るのだが、この悲しげな音色がまた参加者の涙を誘うのである。1万人とも言われる人びとが集まってめいめいに泣き叫び、笛を鳴らし踊る光景は、壮観と悲壮が入り交じった実に不思議な世界だ。

 

(準備が終わり、点火の瞬間を待つ無数の爆竹 出典:騰訊網)

 

しかし、祭りのクライマックスはまだまだこれからだ。やがて、長老やスタッフの合図により、無数の竹竿に巻きつけられた数百万発という爆竹に次々と点火が行われる。山や谷全体に響き渡る凄まじい爆竹の轟音は、まるで天地をひっくり返すほどの勢いだ。その間、男たちは故人の衣服を背負って爆竹の周りで蘆笙を吹きながら踊り、全身を使ってあの世へと旅立った人を偲ぶ気持ちを表現する。

 

(そして点火。轟音が鳴り響き、辺りは真っ白に 出典:騰訊網)

 

爆竹は約1時間ほど鳴り続けるが、男たちは爆竹が鳴り止んでも踊りを止めることなく、祭りは数時間に渡って続けられる。人びとは家に帰るのも忘れるほど踊りに夢中になるという。中国の都会では環境汚染対策で爆竹の禁止が相次いでいるが、貴州省の奥地では爆竹抜きには語れない少数民族の伝統文化が確かに受け継がれている。

 

(手に蘆笙を持って踊る男たち。笛の音が涙を誘うのだ 出典:騰訊網)

 

(情報源:https://news.qq.com/a/20180221/003034.htm#p=1

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「貴州の爆竹祭り」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧いただき、お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.