FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2017.08.31
片手片足のチャリンコ族、中国を駆ける

2017年8月29日、騰訊網によると、遼寧省の24歳の自転車青年、郭少宇さんが中国の片手片足のチャリンコ族として、全国を駆けている。郭さんは、事故で右腕と右足を失ったが、意気消沈することなく、夢を自転車に託し、障害のハンディに打ち勝ち、自転車でチベット、青海を走破した。今は黄河流域を駆けている。郭さんは、自転車によって自らの存在価値を確かめ、多くの喜びと楽しさを得たという。

 

寝袋、義足を持って走る(出典:華商網)

 

1993年、郭さんは遼寧省遼陽市の普通の家庭に生まれた。2008年1月、思いも掛けないことから高圧電線に触れ、肩から先の右腕全てと右足の大部分を切断した。まだ15歳だった。郭さんは、一度は人生に絶望し、自殺も考えたが、家族や友人の理解や励ましの下、再起し、2010年の第11回遼寧省スポーツ大会で、障害者部門の50mバタフライで優勝した。その後まもなく、水泳からより難しい自転車に挑戦し、4年あまり練習の日々が続いた。

 

片手、片足で自転車を操る郭さん(出典:華商網)

 

2016年、自転車で各地を走るという考えが芽生えた。最初は海南島の一周で、その年の11月に実行。「その時走っていて、それまで味わったことのないような楽しさと幸せを感じたんです。見も知らない人から優しくされ、助けられました。自分の生命の大きな扉が開かれたような感じがしました」と、郭さん。自然の景色が好きな郭さんは、さらに2017年6月1日、四川省の雅安を出発し、チベットのラサに向かった。走行の途中で、たくさんの同じようなチャリンコ族と出会い、語りあい、助け合った。そして6月20日午後、ついに郭さんはラサにたどり着いた。四川チベット越えの夢を叶えたのだ。

 

雨の後の車道で微笑む郭さん(出典:華商網)

 

郭さんは、この8月21日には、青海省を出発した。甘粛省を通って、陝西省に入り、再び山西省へ向かう。今回の旅は「黄河行」だ。「陝西省では地元の人々の暖かさを感じ、美味しい郷土料理も味わいました。ぜひ華山へ行って、自力で登りたい」。

 

郭さんは、自転車の旅を通じて、自信を取り戻した。卑屈な気持ちはなくなった。「撮影愛好者がたまたま走っている僕を見つけて撮ることもあるし、すれ違った人が、ガッツポーズを送ってくれることもあります。みんなが僕に元気をくれる。僕もみんなに元気と勇気をあげていると信じたい」

 

  (情報元:http://news.qq.com/a/20170829/062812.htm#p=1

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「片手片足のチャリンコ族」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧いただき、お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒105-7110
東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター10F(1016室)
TEL: 03-5537-7281 / FAX: 03-5537-7282 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
United Smile Limited
九龍佐敦德興街12號興富中心19樓1906室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.