FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2018.10.23
最強?約2万本のアイスクリームの棒で、火を吹くドラゴンの自転車を完成!

2018年10月15日、騰訊網によると、遼寧省鉄嶺市で、孫さんがアイスクリームの棒で自転車をつくり披露した。

 

アイスクリームの棒を集めて、自転車を手作りした男性は、孫超さん。溶接工の孫さんは、もともと手先が器用で、ものづくりの業界では「アイスクリームの棒を使ったものづくりの第一人者」として、ちょっとは名の知れた人物だ。これまでも、アイスクリームの棒をつかった、数々の創意工夫した作品を製作している。

 

手作り歴は20年以上になる孫さん(出典:騰訊網)

 

今回、孫さんが完成させたのは、アイスクリームの棒でつくった自転車。デザインは、中国で人気の高い「龍」で、車輪には、中国の宇宙観をあらわす「太極」の模様をあしらっている。そして中国のおめでたい数字「8」にあやかって、8枚のコインを装着した。車輪がグルグルとまわるように、お金もまわって、ドンドン入ってくるようにと、験をかつぐ。

 

細かいところまでこだわりを見せる超大作だ(出典:騰訊網)

 

孫さんによると、この自転車の製作にかかった時間は約10ヶ月。使用したアイスクリームの棒は、約22,000本で、全長245センチメートル、幅48センチメートル、高さ100センチメートルという大作だ。

 

龍の頭の部分には、リモコン操作ができるライトや警報ベル、ミュージックプレイヤー、スピーカーなどいろいろな機能をつけ、自転車は20.5キロの重さだ。一般に、ママチャリがだいたい20キロぐらいなので、重さとしては、一般の自転車なみ。

 

どこへ行っても大人気のドラゴン自転車(出典:騰訊網)

 

龍をよりリアルに再現するために、龍の口から火が出るように設計、鼻からは煙が出るようにつくったこだわりよう。

 

そして、龍の頭から尾にかけて310個のライトをつけ、カラフルな色がキラキラと輝く工夫もしている。さらに龍の体になっているフレームにも、「中国」という文字が出るようになっていて、孫さん自身が満足のいく作品に仕上がっている。

 

アイスクリームの棒で作った作品の数々(出典:騰訊網)

 

一番苦労したのがチェーンとホイール部分だったという孫さん。手作りが大好きな孫さんの自宅の引き出しには、手作りの模型や材料などがたくさん眠っている。

 

青空と同じく晴れやかな笑顔の孫さん(出典:騰訊網)

 

笑顔をうかべ、自慢の自転車に乗って、風をきって颯爽と走る孫さんの姿に、道行く人が振りかえって、驚きの声をあげる。

 

情報源:https://new.qq.com/omn/20181017/20181017A1HNLQ.html#p=3

    https://zj.zjol.com.cn/news/1053655.html

    https://www.sohu.com/picture/260173257

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「アイスの棒で作ったドラゴン自転車」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.