FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2017.11.24
火鍋の季節到来!寒い冬も燃えるような辛さの火鍋でホットに過ごそう!

紅葉を楽しむ間もなく、ここ数日は気温も急に6度以下になったりと、寒さが厳しくなったきた上海、冬の定番「火鍋」が盛り上がってきた。

 

 お店の雰囲気も良い、上海で人気の火鍋店

 

火鍋は食材をスープで煮こんで、タレをつけて食べる、「中国風のしゃぶしゃぶ」で、日本では、重慶の火鍋が「激辛」と「赤色」いうイメージで有名だ。もちろん、「火鍋」と一口で言ってもさまざまなスタイルや種類があり、ラム肉を中心に食べる東北風の火鍋や赤いスープと唐辛子が目立つ四川風の火鍋などはその代表である。

 

「四色鍋(四種類のスープ鍋)」は69元(約1,160円)

 

東京にも出店している「海底撈火鍋」は細やかなサービスで上海でも一時期絶大な支持を集め一世を風靡したが、最近の上海の人気店は、「重慶高老九火鍋」という火鍋店。

 

一般に火鍋のスープは、辛い味が苦手な人もいるので、真ん中で「赤と白」の二種類に仕切られたスープの火鍋「鴛鴦火鍋」(ユエンヤン ホゥオグゥオ)が定番。赤は唐辛子をたっぷりいれて煮込んだスープ、白はキノコ類などでだしをとった比較的あっさりしたスープだが、この「重慶高老九火鍋」は四種類のスープが楽しめる火鍋で人気を呼んでいる。

 

スープに入れる部分だけ使い捨ての箸

 

数年前は、個別の鍋スタイルがブームで、グループで火鍋店に行っても一つの鍋をシェアせずに、食材だけをシェアして注文し、一人用の鍋で、自分の好きなものを入れて食べる火鍋が人気だったが、これまで2種類が定番スープだった火鍋が四種類、六種類、九種類など一度に豊富なスープを楽しめるようになり、一つの鍋を囲む鍋スタイルの人気が復活した。

 

自由に選べる調味料も豊富にそろっている

 

また、火鍋のときにつけて食べるタレがお店により違うのも火鍋の魅力の一つ。そのお店特製のタレを直接提供するパターンもあれば、自分の好みにあわせて、タレをつくることができるセルフサービスの店もあり、四川風火鍋ではこのセルフサービス形式が一般的だ。ゴマ油、ピーナッツペースト、ネギ、パクチー、ニンニクなど豊富な調味料が並び、好きなものを入れて混ぜてつくる。タレのほか、フルーツやちょっとしたスナックなどが無料で、しかも食べ放題。注文してから火鍋ができるのを待っている間や食後につまんだりする。

 

フルーツなどの食べ放題コーナー

 

もちろん、ヘルシー志向である若者向けにオーガニック食材にこだわって提供する高級火鍋店も増えており、選択肢も豊富で、冬は火鍋店の激戦になる。

 

ところで、火鍋の種類や食べ方はちがっても万国共通?なのは「鍋奉行」の存在。上海でも火鍋に入れる具材は「熱がとおりにくい食材から入れる」「野菜類は最後に入れる」などなど席には必ず入れ方にこだわる人がいるようだ。

 

上海ではWechatアプリを使っての注文方法が普及している

 

 

重慶高老九火鍋(静安寺店):上海市万航渡路1号環球世界大厦2階

              TEL:021-6218-7157

              *このほか、上海市内に数店舗展開している

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「火鍋の季節到来!」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧いただき、お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.