FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2018.04.19
成都コンテナ・フィットネス! 24h、市民に開放中 

コンテナ・フィットネスジムで汗をかく市民たち! 

2018年3月31日、中新網の記者がその様子を伝えた。

       

ジムの定番はやはりウオーキングマシン?(出典:中新網)

 

この新しいタイプのセルフ・フィットネスジムは、パンダの生息や楽山の大仏で有名な四川省の省都・成都市でお目見えしたもの。24時間利用オーケーで、健康を求める市民に広く開放されている。

 

コンテナをフィットネスジムに改造して、中には基本的なフィットネス・マシンが置かれている。エアコンはもちろん、空気清浄器にバイオウオーターまでそろっている。

 

外のデッキには、テントが張られ、医療チームが来場者のメディカル・チェックをしている。この医療チームは、定期的にやってきて、市民の健康維持をサポートしているという。

       

前面はガラス張りでオープンな作り(出典:中新網)

 

そもそもコンテナというものは、作られて以来、画期的な輸送手段として世界各地を結ぶ役割を果たしてきた。

それが最近では、輸送手段ではなく、コンテナハウス、カッコいい! と世界的に人気になっている。

 

中国では経済的なコンテナハウスのおかけで、「房奴」(マイホームの購入ローンを返すために奴隷のように必死に働く人)にならなくて済む! との声もネットで上がっているほど。

 

農村では、6万人民元(約100万円)でコンテナを利用した家が建つとか。。。

 

       

健康重視のバイオウオーター(出典:中新網)

 

北海道ニセコの企業アピールスペースや、東京・青山のショッピングモールなど、日本でも新しい使い方が人々の注目を集め、さらにデイサービス福祉施設として活用している地域もある。

 

ホテル、カフェ、オフィス、別荘など利用方法は多様であり、中国でも、中古のコンテナを購入して自分で改造する人や、用途に応じて専門に設計や製造のサービスを提供する会社が現れている。

 

ネットにはコンテナ関連の広告が溢れ、ファッションとしても流行している今、この成都市のグッドアイディア「コンテナを利用したフィットネスジム」の今後を見守りたい。

 

 

(情報元:http://www.chinanews.com/tp/hd2011/2018/03-31/809034.shtml

http://www.chinanews.com/ty/shipin/cns-d/2018/03-29/news762400.shtml

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「成都コンテナ・フィットネスジム」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308
URL: http://www.flymedia-china.com/

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.