FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2019.12.13
取締りもハイテク!歩行者の信号無視を顔認証で徹底追跡?!アプリで罰金払いも。

近年、歩行者への交通ルールの取締りが厳しくなってきた上海で、信号を無視して横断歩道を渡る歩行者への対策として、顔認証システム導入による違反者取締りが大々的にスタートしている。

 

上海でも、過去の一時期、違反者の顔写真を一部の路線バス停のモニターに表示していたが、それもいつの間にか消えていた。今回、登場した顔認証システムは、歩行者用信号機の下に設置されたモニターに導入されている。

 

 着々と設置が進む”スマート信号機”?

 

モニターでは、横断歩道を渡る歩行者の全景、違反者の状況、そして違反者の顔がクローズアップされて映し出される。どれもリアルタイムで映し出され、違反者は顔認証で個人情報を特定される上、罰金が課せられる。

 

ちなみに違反者には後日交通違反による罰金の通知(ショートメッセージ)が届く。罰金は、Alipay(支付宝/アリペイ)やWechat pay(微信支付/ウィーチャットペイ)などの決済アプリを使って支払うこともできる。

 

市内の一部ですでに稼動している顔認証モニター

 

もともと、上海に限らず、中国全土では、赤信号でも車が走ってこなければ、信号を気にせずに?渡る歩行者が多かった。さながら「赤信号は気をつけて渡る」という意味なのかと錯覚するほどだったが、この信号無視の横断が“過去の光景”となる日も遠くないはず。

 

モニターの上から、違反者の顔(アップ)、違反状況、リアルタイム画像

 

こうした信号機の設置に、地元の反応は?というと、交通ルールを守ってさえいれば、直接的な影響がないため、現時点では大きな反響は聞こえてこない。どちらかと言えば、外国人観光客が興味津々にモニターを眺め、立ち止まっていることのほうが多い。

 

観光客が多い外灘エリアにも設置

 

ここ一年ほど、上海の路上では、監視カメラの台数もどんどん増え、交差点をふくめ、いたるところに仰々しく設置されている。

 

違反者モニターをチェックする歩行者!

 

普段は見慣れてしまい、気にもとめないが、巷では「監視社会」という言葉すら聞こえてくる。ただ、一方で顔認証や追跡システムは犯罪防止にも活用でき、安全で安心して暮らせる社会をつくる方法の一つという声もある。

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「上海のスマート信号機で違反防止」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308
URL: http://www.flymedia-china.com/

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.