FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2017.12.14
魔都上海にビキニ姿美女店員で“行列のできる焼肉店” ネットに悪質な客寄せと批判も

2017年12月7日の騰訊網によると、上海に“行列のできる焼肉店”が登場、お目当はなんとビキニ姿の美女店員とあって、ネットで話題を呼ぶとともに批判も続出している。

       

お客のために串を並べるビキニ姿の店員(出典:騰訊網)

 

このお店、この半月間に人気に火がついた。夕方6時30分ともなると入り口の前に長い行ができ、待ちきれずに中を覗く客も。なんとなれば、この店では、ビキニ姿のスラリとした美女が31テーブルと3個室の間を忙しく動き回っている。雪のような白い肌、美しく伸びた足、そして写真は撮り放題と、客をひとしきり唸らせるわけだ。

       

ビキニ姿でお客の注文を取る(出典:騰訊網)

 

客の男性が「この店は広いけど、君たち寒くないの?」と心配すると、黒いビキニを着た栗色の長い髪の女性店員は、ニッコリして、「ええ、そんなに」と答えた。

 

これも仕方ないこと、苦肉の策と店員は言う。商売のためだ。「競争が激しいから。向かいの焼肉店を見て」店員の指し示す方を見ると、夕餉のピーク時に向かいの焼肉店は客足が途絶え、ガラス越しに見える7テーブルのうち2テーブルが空っぽだ。

       

セクシービキニでの接客(出典:騰訊網)

 

もう一人の白いビキニの女性は東北部出身で、身長178cm。「ここで月に何万元になるの?」との問いには、「いくらにもならないわよ」とその身の値段をつまびらかにすることは避けた。他の店員によると、半月前に店主が募集を思いつき、応募して来たこの二人の頑張りで店は毎日大盛況だとか。

       

二人は一生懸命だ(出典:騰訊網)

 

実のところ、この店、チャームポイントはビキニ美女だけ。注文して待てど暮らせど、運ばれて着たのは牛肉の串6本と羊肉3ピースだけ。メニューを見て注文しても、店員は「ない」「ない」。厨房にはシェフが一人だけで、ビキニの女性二人がせわしく動き回っている他は、男性店員一人とチーフらしき女性店員と、お昼どきに店の前で車の誘導をしていた男性が炭の補充係をしているだけ。深刻な人手不足だった。

ネットには、道徳心がない、恥じだ、閉めろ、などの厳しい声が寄せられている。

 

         (情報元:https://news.qq.com/a/20171207/003652.htm#p=1

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。

本日御紹介した「ビキニ美女の焼肉店」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧いただき、お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
九龍佐敦德興街12號興富中心19樓1906室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.