FLY MEDIA BLOG

FLY MEDIA BLOG

2020.12.08
コロナ第4波到来!香港の対応と街の様子

気温が15度程度まで下がる日もあり、本格的な冬の到来を感じる香港。それと共にコロナの新規感染者が100名を超える日も出てきて、冬と共にコロナの第4波をも迎える事となった。

 

筆者が第1波からの状況を見てきて思うことは、香港に於けるコロナ対策はかなりしっかりされている方ではないか、という事だ。政府の通達は状況に応じてその都度スピーディーに且つ、必要な対策がとられていると感じる

 

例えば11月30日に発表された防疫措置は下記となる。(11月30日現在発表のもの。状況に応じて条件はその都度変わっていく)

1)発表の翌々日にあたる12月2日からの2週間、公共の場における集団制限は2名まで。(外出の際に出歩ける人数は2名単位まで)

2)同期間、飲食店の営業は夜22時までとなり、1卓に着席できる人数は最大2名まで。

 (収容人数の制限有、テーブル距離を離す、検温や消毒の義務は以前より出ている)

3)同期間、娯楽施設(ゲームセンターや麻雀店、テーマーパークや映画館など)、カラオケやプールの閉鎖。

4)同期間、公務員は在宅勤務(緊急サービスなどを除く)

 

ジムや美容施設は引き続き営業可能となっているが、マスク着用や1グループ2名までという規制が出ている。

またこの発表以前に、学校関係は既に休校となり、バーやナイトクラブは営業停止となっている。

 

尚、違反者への罰金の引き上げ及び通報ホットライン開設も、発表された。

 

香港コロナ第4波

普段は行き交う人で混雑しているMTR(地下鉄)駅構内も、夜ともなればガラガラ状態だ

 

香港コロナ第4波バーの営業停止やレストランの営業時間短縮などを受け、夜の街ランカイフォン界隈も人が少ない

 

そして11月22日より始まる予定であった香港・シンガポール間のトラベルバブルも、今回香港で感染者が増えたことを受けて来年まで延期となった。また以前ご紹介をした香港版GO TOを含めた香港内の旅行団についても一旦停止(延期)、大型のイベントや年末の花火、旧正月のパレード等も中止の発表が出ている。

 

全くの外出禁止令までは出ていないが、感染者の数に応じて政府から細かな条例が出ている香港。そして状況を考慮しながら臨機応変に規制の調整が行われている。

ホリデーシーズンを迎える直前というタイミングで暫くは辛抱をしなければならない事が増えるが、細かな規制を守ることで早い状況の回復に繋がる事を祈るばかりである。(文/写真 香港コーディネーター 矢島園子)

 

 

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービス、ライブ配信サービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「コロナ第4波」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら
totop TOPへ

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
TEL: 03-6206-3414 / FAX: 03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308
URL: https://www.flymedia-china.com/

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍尖沙咀麼地道77號華懋廣場10樓19室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.