FLY MEDIA BLOG

FLY MEDIA BLOG

2018.09.21
驚き!ガチャポンにカラオケ?上海の地下鉄はエンタメスポットに?!

2018年現在、16本の路線が開通している上海の地下鉄は、市内の有名な観光地をほぼ網羅していて、乗り方や路線の乗り継ぎを知っていると生活するにも観光するにも移動するのに効率がよく、とても便利だ。初乗り運賃は3元(約51円)。渋滞知らずの地下鉄は、市民だけではなく、観光客にも人気がある。

 

まだまだ建設が続く上海の地下鉄

 

今回、紹介するのは上海の地下鉄の利便性ではなく、「上海あるある?」で、地下鉄にある斬新な設備だ。フードやドリンクの自販機やコンビニはごく一般的な設備だが、上海の地下鉄構内に設置されているのは、これだけではない。

 

中身が見える自販機が主流の上海地下鉄

 

改札付近にあるのは、銀行のATM、薬の自販機、ガチャポン、UFOキャッチャー、無人カラオケボックス……。

 

薬のスマート自販機も登場

 

近年、流行している無人カラオケボックスも地下鉄に登場。このカラオケボックスは1〜2名用で、モバイル決済。キャッシュレスなことや短時間利用ができることなど手軽に利用できる条件も整っている。帰宅前に一曲?あるいは待ち合わせ時間までの空いた時間をつぶすのに利用?

 

これまで通るたびに気にして見るが、この地下鉄にあるカラオケボックスを利用している人を見かけたことがない。

 

カラオケボックス(左奥)にUFOキャッチャーが並ぶ

 

かたやショッピングモールなどの商業施設内に設置されているカラオケボックスは若い女性を中心に人気が高い。ちょっとした暇つぶしや、ショッピングに疲れたとき「ちょっとお茶しよう」という感覚で利用されているようだ。

 

ただ、カーテンがついているとはいえ、やはり中がのぞけるので、人の往来が激しい地下鉄に設置されているこのボックスで歌を楽しむのはハードルが高いと思うのは、もはや時代に乗り遅れているのだろうか。ちなみにこのカラオケボックス、最近では空港内にも設置されている。

 

改札口付近にキラキラと輝くゲーム機

 

そして、次によく見かけるのが、ガチャポンやUFOキャッチャーなどのゲーム。改札口付近に設置されていることが多く、こちらは、若者やファミリーがよく利用している。

 

広い構内に設置された数台のゲーム機

 

モバイル決済なのも便利で、現金を持ち歩かない若者にも人気がある。

 

ちょっとしたすき間にもゲーム機が置かれている

 

ガチャポン自体は商業施設をはじめ、さまざまな場所に設置されており、上海でも非常に人気が高い。日本のアニメキャラクターものなどは特にファンが多いようだ。

 

ガチャポンがポツンと通路に!

 

地下鉄にこうした変わり種が置かれているのはとても面白く、どんどんエンターテイメント性を強める地下鉄構内は通るだけでも楽しめるが、ATM、ゲーム機、カラオケボックス、自販機と並ぶ光景はかなりシュールだ。地下鉄駅により設備のラインナップも異なるので、これも地下鉄利用時の楽しみになる。

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「上海の地下鉄はエンタメスポット」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら
totop TOPへ

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
TEL: 03-6206-3414 / FAX: 03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100026
北京市朝陽区姚家園路105号3号楼4階501室6
URL: https://www.flymedia-china.com/

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.