FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2017.11.29
飛行機がほしいので、仲間と一緒にエアバス320をつくります!

2017年11月28日、華龍網によると、遼寧省北部に位置する開原市に住む青年、朱躍さんは仲間とともにエアバス320型機の製作に取り組んでいる。

 

着々と機体が出来上がっている(出典:華龍網)

 

朱躍さんはもともとオートバイの修理工だったが、幼い頃から飛行機が大好きで、夢はいつか自分の飛行機を持つことだった。

 

今年に入って、朱さんは長年の思いから自分で飛行機をつくること決意し、同じ夢をもつ仲間5人とともに、飛行機の製作をスタートした。

 

試行錯誤を重ねて完成度をあげてきた(出典:華龍網)

 

仲間ができて、いざ製作となったが、メンバーは図面や機械について全くの素人、ただただ「飛行機を持ちたい」という熱い思いだけが彼らを動かす原動力となった。

 

その熱い思いから、一年がかりの作業で、ようやくエアバス320型機の機体のフレームが出来上がった。かかった費用は80万元(約1,385万円)、使った鉄は約40トン。機体のフレームは、長さ37メートルで、幅は翼を含め36メートルになる。

 

製作にあたって、最初にとりかかったのが、飛行機の機首部分だ。朱さんは飛行機の模型を購入して、それをパソコンを使って拡大し、必要なデータをとろうと試みた。ところが模型が小さすぎて、正確なデータがとれず断念。

 

強い思いがあれば、夢は実現できる(出典:華龍網)

 

朱さんたちは、こうした壁に何度もぶつかるたびに、あきらめようと思ったこともあったそうだが、結局は、あきらめきれずに、完成させたいという強い意志で製作を続けた。

 

そんなときに朱さんはあるソフトに出会う。そのソフトは三次元立体測量ソフトで、朱さんたちはこのソフトを使って、模型の輪郭を三次元でスキャンしてデータをとることができた。もちろん、模型は小さいので、拡大すると誤差が出る。そのため何度も修正することになった。

 

こうしてさまざまな困難にぶつかっては乗り越えてきた朱さんたちだが、「エンジンの溶接口の製作は本当に大変だった。紆余曲折しながら、200以上の小さい鉄のパーツをどうにかつなぎ合わせてようやく出来上がった」と製作時の苦労を語る。

 

朱さんたちの夢が近づいて来た(出典:華龍網)

 

エアバス320型機の機体フレームが着々と出来て、夢が形になって見えてくると、朱さんは早くも将来に思いをはせる。

 

完成したら、どう使うか?「どこかの公園でほしいと言えば、テーマ性のあるレストランにしても良いと思う。スタッフがフライトアテンダントのユニフォームを着たりとかね。ほかにも飛行機の中でのプロポーズや結婚式だって夢じゃないよ」と胸をはずませた。

 

(情報源:http://cq.cqnews.net/html/2017-11/28/content_43364441.htm

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「エアバス320をつくります」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧いただき、お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒105-7110
東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター10F(1016室)
TEL: 03-5537-7281 / FAX: 03-5537-7282 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
United Smile Limited
九龍佐敦德興街12號興富中心19樓1906室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.