ニュース

ニュース

2020.06.16
こんなに便利!ハイスピードで進化する中国!

私は東京に住んでいる中国人です。今年で7年目になりました。この7年間、故郷に戻ったり、仕事で出張したり、毎年中国に戻るチャンスがあります。その度に、「中国の生活や習慣は日本と違うなぁ!」「中国の発展スピードは速いなぁ!」「また変わったなぁ!」とよく感じています。

 

前回のブログで「日本で暮らしてみて感じた中国との違い」(https://flymedia.co.jp/日本で暮らしてみて感じた中国との違い)を紹介しましたが、今回は引き続き日本と違う中国の生活や習慣などをご紹介していきたいと思います。

 

■中国で最も不便に感じるところ——インターネット制限

日本で一般的に使用しているWebサイトやSNSのほとんどが中国では利用することができません。

中国のインターネット規制の厳しさは世界トップレベルです。以下のサービスへの接続は禁止されています(以下は一部です)。

 

 

この点、中国に行ったことがある日本の方は多分知っていると思いますが、中国に行って急に家族や友達と連絡を取れなくなると心配されるので、中国で使用できるVPNサービスなどを利用して、事前に解決方法を調べておいたほうがいいでしょう。私はウェイチャット(中国版LINE)だけでもインストールすることを強くおすすめしています。ご家族やご友人にもインストールしてあげましょう(笑)

 

■日本でめったに使用しない交通手段は、中国に行ったらメインで使える——タクシー

私は日本で暮らしている7年間、タクシーを利用した回数は両手で数えるぐらいですが、中国に戻った時は、ほぼタクシーで移動しました。なぜタクシーですか?って、料金は日本と比べると驚くほど安いんです!!

 

 

私の第二故郷と言える大連市の場合、初乗りの運賃が10元(約160円)という安さです。時間帯や都市によって多少の上下がありますが、大きな差はありません。そして、初乗り運賃から3キロ以内の距離なら10元でどこでも行けます。3キロを越えたら1分ごとに0.3元(約5円)です。つまり、3キロを越えて30分走ったとしても【10元+0.3元×30(分)】で合計が19元(約300円)です。日本で30分タクシーに乗ったら、いったいいくらになってしまうでしょう!?

 

■中国の変化スピードに驚く!——キャッシュレス、デリバリー、無人化など

Alipay(アリペイ)、WeChat Pay(ウィーチャットペイ)が普及して以来、中国で生活している間は財布を持ち歩くことがなくなりました。

 

 

7年前、私が日本に来たばかりの時、ウィーチャットペイ、アリペイはすでにありましたが、使用範囲は限られており、友人間の送金やネットショッピングの支払で使用する程度でした。しかし、2、3年前帰省した時、ある小さなレストランのレジで現金を渡したら、「ここはキャッシュレスで、現金は受け取りません」と言われてしまいました。「いつの間にこんなに先進的になっちゃったの?」って感じですね。

 

そして、外出するときにスマホしか持っていない友達に、「現金なくて大丈夫?」と聞いたら、「今は屋代ですら電子マネーを使えるので、心配いらないよ」とのこと。いまだにカード、現金、小銭がいっぱい入った大きな財布を持っている私は中国の発展スピードにびっくりしちゃいました。

 

 

私が日本に住んでいる7年間、中国では大きな変化が起きています。キャッシュレスだけではなく、私がよく知らないモノとサービスがたくさん出てきました。デリバリーは早いだけでなく、いろんなものを届けてくれるサービスです。お弁当はもちろんのこと、果物や野菜、薬までも届けてくれるようになりました。

 

その他には時間をつぶすためのミニカラオケボックス、自動マッサージチェア、クレーンゲームなどが駅に設置されており、無人スーパー、無人レストラン、無人ホテル、無人本屋などが、どんどんこの世に現れ、生活はどんどん豊かになっていますね!

 

■中国と日本はこんなところが違う

日本と中国は”一衣帯水”の隣国で、時差は1時間、日本から中国の沿海大都市まで飛行機で約3~4時間です。

距離的には近いですが、生活や習慣などで違うところが非常に多く、それは飛行機を降りた瞬間すぐに感じられるレベルと言ってもおかしくないと思います(笑)

 

・税関を通過する時に、スタッフの顔が怖くて、全然笑顔がないですね。いつも丁寧に対応してくれる日本のスタッフになれているので、私は中国人なのに、なんかちょっと緊張…。

 

・タクシーに乗るときに、運転手が運転しながらスマホで仲間たちと道路の状況を共有したり、雑談をしたりします。そして、運転は早いけど、追い抜くときもウィンカーを出さない。「荒い…怖い…。」

 

・新幹線に乗るときに、隣に座るおばさんはとてもフレンドリーに声をかけてくれます。最初はうれしいんですけどね。途中から年齢、月収なんかも遠慮なく聞かれたりします…。「やめてくれ」みたいな。

 

・電車に乗るとき、大きな声でしゃべったり、イヤホンを使わず動画を見たり音楽を聴いたりする人がいますが、誰も注意しません。仮に注意してもやめてくれないかも。「あぁ、うるせぇなぁ」みたいな。

 

・ホテルに宿泊すると、トイレットペーパーを便器に流して詰まってしまったことが何回もありました。流しちゃいけないのかなぁと思って聞いてみると、友達はみんな流してるらしい。「私、紙使いすぎ?」

 

 

と、ここまでちょっとネガティブなことばかり書いてしまいましたが、私は日本も中国も大好きです。

中国に行く方々は、是非とも夜市に行っていただきたいです。夜市の雰囲気は日本ではなかなか体験できないので、ぜひ行ってみてください。とっても賑やかで楽しくて、おいしい食べ物がいっぱい食べられますよ!私のおススメは「羊肉串」とザリガニです。中国のビールとよく合います。「あぁ、うめぇ」

 

 

 

■中国の今後の発展を楽しみに!

最近よく中国にいる家族や友達から「今の中国は過去より全然生活しやすいですよ!海外とあまり変わらないですよ!むしろ日本よりもっと便利ですよ!」などと聞いています。確かに上記に書いた通り、中国は私たちが驚くほどのハイスピードで発展しています。ただ、日本に比べると、まだまだ足りないところが多くあると思います。

 

今年はコロナの影響で中国に戻ることは難しいです。

戻れるようになるときを楽しみにしています。そして、中国の変化も楽しみにしています!

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。

本日御紹介した「こんなに便利!ハイスピードで進化する中国!」関連についてもっと知りたい方、是非お問い合わせください。(チ・テン)


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308
URL: https://www.flymedia-china.com/

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍尖沙咀麼地道77號華懋廣場10樓19室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.