FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2017.02.22
鄭州のおじいちゃん、自作のランボルギーニ?で孫の送り迎え。道路交通法は大丈夫?

2月20日、騰訊網によると、河南省鄭州市郊外に住む郭良遠(55歳)さんが「ランボルギーニ(イタリア)」に似た電気自動車をつくり、孫を送り迎えしていると紹介した。

 

写真1

オープンカー?で孫の送り迎えをする郭さん

 

毎日オートバイの後ろに孫を乗せて幼稚園へ送り迎えしていた郭さん、孫がわんぱくでじっとせず動いてばかりいるので、オートバイから落ちないか気がかりだったそんな時に孫がバイクから一度落ちて、「これは危ない」と、孫の送迎用にスポーツカーを作ることを決意した。

 

写真2

地元の人も遠目に見ながらも興味津々だ

 

郭さんはもともと機械をいじることが好きだったが小学校三年までしか通っていない。ネットも活用して必要な知識を入手し、試行錯誤の上、半年かけて最初の1台を完成させた。

 

写真3

カラフルな外観も存在感アピール

 

完成後、外観が「ランボルギーニ」のスポーツカーに似ていると話題になった。細かい部分にもこだわり、クラクションやスピード調節ギアも備え、しっかり自動開閉する「ポップアップドア」もある。「バッテリー5つを搭載しているので、60キロは充分走行できる。最高時速は40キロになるよ」と郭さんは紹介する。

 

写真4

郭さんの工房—製造現場

 

1台の製作コストは5000元余り(約85000円)。1台完成すると、その後、アップグレードさせて新たに2台を製作し、これまでに電気自動車は3台になった。

 

写真5

「一人で乗れるよ」子供でも簡単に運転できる?

 

3台の電気自動車を完成させたころには、郭さんはすでに「有名人」。中国で大人気のバラエティ番組「中国夢想秀(参加者の夢の実現をサポートする番組)」にも出演を果たした。郭さんの新しいチャレンジは「世界に一台しかない、走り続けることのできる自動車」の実現だと語る。

 

参考元:http://news.qq.com/a/20170220/040750.htm#p=1

 

※株式会社フライメディアは、中華圏と日本をつなぐ会社です。

本日御紹介した「自作のランボルギーニ?」関連の取材したい、もっと詳しくリサーチしてほしい、写真や映像を使用したいなどご要望がございましたら、是非弊社にお問い合わせください!

東京本社 Tokyo Headquarters
〒105-7110
東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター10F(1016室)
TEL: 03-5537-7281 / FAX: 03-5537-7282 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化諮問有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
United Smile Limited
九龍佐敦德興街12號興富中心19樓1906室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.