FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2017.09.20
捨てるのはもったいない…磁器の酒瓶を5000本集めて美しい外壁を作った男性

2017年9月14日、騰訊網によると、遼寧省丹東市には中国名産の青花磁器の酒瓶5000本を貼り付けた外壁の建物がある。

 

(青花磁器の酒瓶がきれいに飾り付けられた外壁 出典:騰訊網)

 

青花磁器は、素地に絵付けをして透明の釉薬を掛けて焼いた磁器で、焼きあがると白地に青い文様が浮き出てくる。日本では「染付」と呼ばれる技法だ。

 

この青花磁器の酒瓶を5000個も使って外壁を作り上げたのは、劉暁奇さん。劉さんは食堂を経営しており、5000個のうち45%はお客さんが酒を飲んだ後に残った酒瓶なのだとか。残りは自分で拾い集めてきたものや、購入したものだそうだ。いくら食堂を経営しているとはいえ、2000個もの瓶を集めるにはかなりの時間がかかったことだろう。

 

(美しい酒瓶の外壁を作る劉暁奇さん 出典:騰訊網)

 

劉さんによれば、酒瓶1本あたりのコストは約25元(約420円)とのこと。つまり、全部で13万元(220万円)の費用がかかっていることになる。劉さんは「磁器の酒瓶はリサイクルできない。粉々に砕かれるか、ゴミとして捨てられるかだ。自分はゴミを宝に変えようという思いでやっている。こうすれば環境への負担をある程度和らげられるし、鑑賞価値もあるしね」と語る。

 

(1つ1つ丁寧に削っていく…… 出典:騰訊網)

 

劉さん曰く「これはまだまだ一部分。大きな目標は、世界初の酒瓶壁モニュメントや博物館を作ること。総工費の予算は60万元(約1020万円)あまり。できた暁にはギネス記録の申請をしたい」とのこと。完成が楽しみだ。

 

(情報元:http://news.qq.com/a/20170914/025865.htm#p=1

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「アート」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧いただき、お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒105-7110
東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター10F(1016室)
TEL: 03-5537-7281 / FAX: 03-5537-7282 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
United Smile Limited
九龍佐敦德興街12號興富中心19樓1906室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.