FLY MEDIA BLOG

FLY MEDIA BLOG

2021.04.12
野菜に優しいLEDを研究していたら、「食べられるお花」ができちゃいました!

上海には多くの日系企業が進出しているが、その中で、ちょっと変わった取組みをしている企業を紹介する。

 

LEDメーカーの第一人者でありながら、なぜか食べられる花や野菜をつくっている!?

 

とくに、食べられるお花、いわゆる食用花(エディブルフラワーには、かなり力を入れて生産していると聞き、早速、工場に行き、話を聞いてみた。

 

栽培施設内でも衛生は徹底管理!(上海)

 

その企業とは、徳島県の企業日亜化学工業株式会社の現地法人である上海日亜電子化学有限公司で、上海市郊外の松江区に工場がある。

 

青色LEDメーカーが花や野菜?とそのギャップにまず驚くが、「地球にやさしい材料で、光エネルギーの利用に革命を起こす」という同社の理念があり、「もともと、植物用途でのLED、植物にやさしい光の研究開発がきっかけと、工場長の折原さんが説明する。

 

農薬不使用はもちろんのこと、無菌状態かつ完全密閉型の屋内施設で栽培してい。そのため、天候や季節の影響を受けに安定的に生産できること屋内施設なので、生産地域も選ばないことが最大のポイント。

 

栽培施設を見学すると、衛生さが一目でわかる白いプランターの世界が目に入る。一つ一つ丁寧に説明する折原さんからは、栽培している花や野菜への深い愛情を感じる

 

野菜の色が鮮やかで美しい!(上海)

 

たくさんの方に安全で安心、しかも美味しい花や野菜を食べてほしい。(最近コロナ禍など暗いニュースも多いが)食卓に花を取り入れることで、少しでも明るく華やかな環境を提供したい」という思いを熱く語る折原さんの横には、ビオラ、なでしこ、マリーゴルドといったなじみの花々がきれいに咲きほこる。

 

ここで栽培されている花も野菜も、洗わずに食べることができると聞き、試食させてもらう。ドキドキしながらなでしこの花を食べてみると、とても甘くて想像していた草々しさ?は全くないきれいでしかも食べることができる、美しさを身体に取り入れる!?おもしろいビジネスになりそうだ。

 

美しい上においしい!食用花が食卓を飾る日も!(上海)

 

実は、今、上海では、「食用花」ブームがジワジワときている。もちろんまだ高級スイーツ、ハイクラスのホテルやレストランといったごく一部の領域で、一般の家庭には、これから広がっていく段階といったところ。であるからこそ、潜在的な市場の大きさを感じた

 

 

お問い合わせ先:

徳島産業振興機構上海代表処

上海市延安西路2201号上海国際貿易中心1711室

 TEL +86 -21-5255-0231

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービス、ライブ配信サービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「LEDで食べられるお花生産中」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら
totop TOPへ

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
TEL: 03-6206-3414 / FAX: 03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308
URL: https://www.flymedia-china.com/

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍尖沙咀麼地道77號華懋廣場10樓19室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.