FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2018.05.28
香港歳時記・獅子や龍が舞う、年に1度の譚公誕

天后廟と同様に、海の守護神が祭られている譚公廟(タムクン寺)。毎年、この譚公の誕生日を行う祭りが旧暦4月8日に行われる。香港島の筲箕灣(シャウケイワン)ではこの譚公誕を賑やかに祝うことで有名で、今回はその様子を写真でお送りしたい。

 

譚公は子供の頃から先の天気を予測し、病を癒す力を持っていたため、漁師より崇められるようになり、香港では古くより信仰されている。

旧暦4月8日は、筲箕灣(シャウケイワン)の譚公廟(タムクン寺)を中心に、祝いのパレードが筲箕灣の街を練り歩く。

 

 

こちらが譚公廟。当日は朝から多くの参拝客が訪れ、熱心に祈りを捧げていた。

 

 

廟には多くの渦巻き線香が吊るされている。100年以上も前に建設された廟だが、2002年にはオリジナルの設計はそのままに、改修が行われている。

 

 

祝いのパレードは筲箕灣(シャウケイワン)の街のメイン通りを歩き、途中にある天后廟へ挨拶をし、そして譚公廟(タムクン寺)前へやって来る。パレードには 多くの団体の獅子・龍・麒麟などが参加をし、譚公への祝いの舞を披露すると共に1年の安全・幸せを願う。

 

 

 

大きな龍が廟へ到着をした様子。

 

こちらは麒麟。廟の前で激しく舞っている。

 

舞いのクライマックスで紙ふぶきを飛ばしている。

 

勿論、祝い事に馴染みのライオンダンスも。1頭で来る団体もあれば、数頭で肩担ぎをするものまで、色も種類も様々で飽きることはない。

 

観客の笑いを誘ったダンスを披露したグループ。

 

大人も子供も、この日は真剣。

 

祝いの舞いに必須の太鼓とシンバル。この日は朝から夕方まで、太鼓とシンバルの激しく軽快な音が街中で鳴り響く。

 

パレードは獅子舞や龍の舞だけではなく、祝いの供え物なども一緒に運ばれて来ることが多い。

 

途中、子供たちによるカンフーの余興などもあった。

 

祝いのコスチュームに身を纏ったグループもパレードに参加。

 

 

この譚公誕の良いところは、街をあげて、市民や参加団体が自ら楽しみながら祝っているところだ。普通観客席から遠めに眺めるような獅子舞なども、観客も近くで一緒になって楽しみ、雰囲気を分かち合うことができる。

 

 

 

香港に長く住む筆者も、こんなに多くの獅子や龍などを一度に、これだけ間近で見たのは初めてのこと。まさに地元の人が盛り上げる祭りを、一緒に味わうことができるのが筲箕灣(シャウケイワン)の譚公誕ともいえる。

 

香港の地元の歴史、生活、慣習に触れてみたい方は、是非ともこういった機会を逃さずに訪れていただきたい。

(文/写真 香港コーディネーター 矢島園子)

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「香港・譚公誕」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308
URL: http://www.flymedia-china.com/

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.