FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2017.10.12
まるで時代劇!?自ら「漢服の制服」を着る風流な男子学生

大学のキャンパスで、漢服の袂をなびかせて颯爽と歩く一人の男子学生。すれ違う人々は、その個性的すぎる風貌に思わず振り返る。時代劇さながらの装いに、学内ではひときわ目立つ存在だ。

 

まるで古代にタイムスリップしたような出で立ち(出典:騰訊網)

 

彼は西南石油大学で経営学を学ぶ康偉さんで、熱心な漢服愛好家。学内では服装の制限がない場合、いつも漢服を着て過ごしている。夏物・冬物などそれぞれの季節に合ったアイテムを取り揃え、一年中着こなしているという。同級生からは親しみを込めて「漢服お兄さん」と呼ばれているそうだ。

 

学生宿舎で漢服に着替える康さん(出典:騰訊網)

 

漢服とは、中国で漢民族が古くから着用していた民族衣装のこと。唐代の漢服は日本の和服の原型になったとも言われ、ボタンを用いず、帯を締めてゆったりと布地をまとうスタイル。康さんは、時代とともに変化した色づかいや紋様、材質の一つ一つに昔の人の思想が染みついていると話す。彼は自ら漢服を着ることで中国の伝統文化を人々に伝えようとしているのだ。

 

授業にも漢服で出席(出典:騰訊網)

 

西南石油大学のオフィシャルブログも康さんを絶賛した。「漢服を身に着け、これを復興させ継承していけば、中華文明は時代の流れに埋もれてしまうことはないだろう。」

 

颯爽と教室を出る康さん(出典:騰訊網)

 

康さんは漢服以外にも、笛や茶道などの中国伝統文化に親しみ、ある時はキャンパスで古筝を奏でながら自作の詩を吟じたこともあった。目立つ衣装で外を歩けば街行く人に好奇の目で見られるが、康さんは気にしない。「すぐには理解されなくても、目の前に現れるうちにだんだん慣れていくものだ。」康さんの価値観が人々に与える影響はまだ小さいかも知れないが、それでも自分の信念を貫き、情熱を守り抜く姿は、尊敬に値する。

 

(情報源:http://news.qq.com/a/20171011/009898.htm#p=1

 

※株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「漢服を着る大学生」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧いただき、お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒105-7110
東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター10F(1016室)
TEL: 03-5537-7281 / FAX: 03-5537-7282 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
United Smile Limited
九龍佐敦德興街12號興富中心19樓1906室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.