FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2019.04.01
春の三連休!今年の清明節に食べたい団子、選んで楽しいピンク色?!

中国では、4月に入ると、すぐに三連休を迎える。この三連休は、清明節(せいめいせつ/チンミンジエ)と呼ばれる伝統的な祝日だ。清明節とは、墓参りをして先祖を偲び、墓掃除をする風習があり、日本のお盆のようなもの。

 

この清明節は、旧暦の春分の日から数えて15日後になるため、毎年、その日付が変わる。そして、今年は4月5日(金曜日)が清明節で法定休日となり、5日から7日までの週末を含めた3日間が三連休となる。

 

清明節といえば「青団」だ

 

この時期は、上海でも墓参りに行く人で、上海近郊都市に向う列車やバスも混雑するし、マイカーで移動する人も多いため、道路も渋滞する。そのため、この三連休をはずして、日にちを少し早めにずらして墓参りに行く人も多い。

 

ネットで話題の商品を購入するために行列ができる

 

そして、やはりこの時期、多くのスーパーやコンビニ、商店の店頭に並ぶのが、「青団(チントワン)と呼ばれる食べ物だ。

 

コンビニでも発売!「青団」コーナー

 

「青団」は、ヨモギで色をつけられた緑の皮の中に餡が入っている草団子のことで、年間を通じて販売されているものの、「清明節で食べる伝統的な食べ物」として主役となるのがこの時期で、老舗では大行列ができるほどの人気ぶりだ。 

 

 定番の”緑色”の「青団」が並ぶ特設コーナー

 

この「青団」も市場ニーズにあわせて年々進化していて、最近では、皮がピンク色をした「青団」とか、一般に豆沙(小豆/ドウシャー)餡が主流のスイーツだが、肉類を餡に使うとか、バラエティに富んだ餡が発売され、次々とヒット商品が生まれている。

 

毎年、様々な餡の「青団」が登場している

 

特にSNS映えを意識したのかどうか、ピンク色の「青団」はその可愛らしさや春らしい色から、販売直後から、早くも若い女性を中心に人気が高く、狙い通り?、SNSで話題となっている。

 

人気商品は店頭に並ぶと即完売!

 

上海の老舗「杏花楼」でも、毎年ユニークでちょっと変わった「青団」を発売して注目されている。紫芋を使ったものや鶏肉やベーコンを使った甘くない「青団」などがそれだ。さらに、流行にも敏感なようで、ここでもピンク色の「奇異粉団」を発売している。

 

また、昨年登場し、ネットで話題となった「咸蛋黄肉松青団(塩漬け卵と豚肉のでんぶ入り草団子)」の人気も高く、老舗の店頭では行列ができるほどの盛況ぶりだ。

 

 

杏花楼 福州路総店:上海市福州路343号 

          最寄り駅:地下鉄2、10号線「南京東路」駅下車、徒歩約7分

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「清明節に食べる青団」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.