FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2019.03.01
安くて早い!武漢で食べたい名物「熱乾麺」は武漢市民のソウルフード!

武漢と聞くと、名所「黄鶴楼(こうかくろう)」を思い浮かべる人も多いかもしれないが、ここ武漢に麺好きをうならせる名物麺がある。

 

武漢名物「熱乾麺」

 

それが、今回紹介する「熱乾麺(熱干面/ラー ガン ミエン)」だ。日本ではあまり知られていないが、武漢の有名な小吃(シャオチー/店や屋台で食べる軽食)で、中国五大麺のひとつと言われている。

 

ホテルの朝食でも定番!

 

余談だが、さまざまなネットサイトで中国五大麺として紹介されているのは、「刀削麺、烩麺、担担麺、炸醤麺、熱乾麺」なのだが、中国の地方ではまだまだ多くの代表的な麺料理があり、一概にこれらを“五大麺”と言えないとの意見も多くあるらしい。ともあれ、熱乾麺は武漢市民だけではなく、全国で根強いファンが多いことがうかがえる。

 

熱乾麺は、武漢の朝ごはんの定番で、武漢市民のソウルフードとも言える。そのため、屋台から五つ星ホテルのレストランまで、どこでもこの「熱乾麺」を見かける。

 

トッピングの種類も様々で店により違う

 

「熱乾麺」はどんな麺か?というと、汁無しの麺で、ゆでた麺の上に、ネギ、パクチー、ザーサイなどの薬味や様々な調味料をトッピングして、まぜてから食べる。

 

食べ方は湯でた麺に調味料、トッピングを入れて混ぜると出来上がり!

 

味付けはシンプルで、醤油、ゴマペースト、ラー油など。全体的には、甘辛く、やや濃い味で、色は、ゴマペーストがからむので、黒みがかっている。ちかい味でいうと、ゴマ風味がきいた汁なし担々麺(タンタン麺)だ。

 

現地で有名な老舗は「蔡林記熱乾麺館」で、市内にいくつも支店がある。現地のタクシードライバーに熱乾麺を食べるのにおすすめの店をたずねると、たいてい「やはり老舗の蔡林記(ツァイ リン ジィー)かな」との答えがかえってくる。

 

ローカル食が濃い店構えも魅力に

 

蔡林記の店内は、ローカル色が濃く、地元の人だけではなく、国内外の観光客にも人気が高い。ピークはやはり朝だという。

 

撮影スポット?でSNS映えも!

 

気になるメニューだが、「熱乾麺」だけでも具材により数種類ある。定番を聞くと、一番シンプルな「全料熱乾麺」で、値段は5元(約80円)。

 

海老入りや牛肉入り熱乾麺も人気!

 

麺をゆでて、味付けするだけなので、注文を受けてからつくる。待つこと数分で出来上がり、後は好みの薬味をいれたりすればOK!

 

店員おすすめの豆乳

 

熱乾麺を注文すると、店員が「地元では熱乾麺を食べるときに豆浆(豆乳)か豆沙(おしるこ)を飲むのよ!」と、ツウの食べ方をおすすめ。確かに汁(しる)がないので、何か飲み物があったほうが食べやすいのだろう。

 

 

スーパー、コンビニや空港などで、インスタントの「熱乾麺」も販売しているので、お土産にもできるが、やはり、武漢に行く機会があればぜひ現地で味わいたい。

 

 

蔡林記(万達店)

武漢市統一街272号、ほか市内数店舗展開。

 

 

参考:https://www.phb123.com/shenghuo/meishi/22183.html

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「武漢の熱乾麺」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧いただき、お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.