FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2020.02.19
台北西門町で開催された光の祭典”ランタンフェスティバル”レポート

新型コロナウィルスが世界中で猛威をふるう昨今。台湾でも日本と同じく初めての死者が確認され、日々更新されるニュースが見えないウィルスへの人々の恐怖心を煽っている。

 

日本国内でも海外旅行のキャンセルが相次ぎ、海外渡航を取りやめる企業も増え始めているようだ。このことは台湾の観光業にも大きな打撃を与えている。多くの人々が集まる夜市やレストランは集客率が大幅に減り、閑古鳥が鳴く店すら増えてきているようだ。

 

様々なイベントがキャンセルとなる中、毎年台北で行われていた恒例行事”西門燈會(西門ランタンフェスティバル)”は待ちわびていた市民たちの声に応え2月8日から2月16日までの9日間、盛大に開催された。

 

コロナウィルスの影響で例年と比べると客足が減ってはいたが、世界各国の観光客が集まり、幻想的な雰囲気に包まれた会場で思い思いのひと時を過ごしていた。

 

日曜日に終了したイベントではあるが、ウィルスのパニックに負けない元気な台北の姿をお届けする為にも、今回のブログで掲載させていただこう。

 

台北ランタンフェスティバル

メインオブジェのひとつ”躲貓貓”

白猫のふわモフ感を見事に再現

 

メイン会場にはステージと共にチーズ型のモニターが設置され、そこに映された映像と連動する仕組みとなっている。レーザーが降り注ぐと巨大な白猫の手足や耳が光り、寝ぼけ眼が開くという、なんともほっこりする演出だ。

 

ネズミ年なのに猫? と疑問を抱く人もいるであろうが、バルーンの中には捕らえられたネズミが! 丸々としたネズミがモニター内で全会場の様子をレポートする姿も見ることができる。

 

台北ランタンフェスティバル

ステージでは抽選会や華やかなパフォーマンスが繰り広げられていた

 

台北ランタンフェスティバル

 なんと自分のシルエットがネズミに! 

 

子供達の人気を集めていたのがこのコーナー、不思議な世界に大人も一緒になって踊り出していた。

 

台北ランタンフェスティバル

ネズミ年というだけあり、ネズミ系キャラが続々とお目見えしていた

 

台北ランタンフェスティバル

学生たちが創作したランタンが見られるのもこのイベントの醍醐味

 

台北ランタンフェスティバル

台北101や猫空のゴンドラなど、台北の名所をきらびやかなランタンで表現

しているランタンも多く、外国人観光客に人気だ

 

台北ランタンフェスティバル

ほっこりするような手作り感満載のランタンも

 

きらびやかなランタンの光に包まれ、訪れた人々の顔には日常の不安を忘れ、笑顔がこぼれていた。

 

このイベントは毎年旧暦の小正月から約1週間ほど開催される。来年の冬に台湾旅行を計画している人はぜひ足を運んでほしい。

 

画像提供:横山茂仁香

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「台北西門町で開催された光の祭典”ランタンフェスティバル”レポート」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。

 

 


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308
URL: http://www.flymedia-china.com/

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.