FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2020.04.24
スキマ時間に“聴く楽しみ”!音声アプリ「ヒマラヤ」への期待!

新型コロナウイルス、外出自粛、リモートワーク…など話題のキーワードと一緒に、最近周りでもにわかに人気急上昇しているワードがある。それが「ヒマラヤ」だ。

 

「ヒマラヤ」といっても、ヒマラヤ山脈のことではなく、音声プラットフォームアプリ「ヒマラヤ(喜馬拉雅/ Himalaya)」のことだ。中国語では「シィマラヤ」と発音する。

 

 

中国で人気の音声アプリ「喜馬拉雅(ヒマラヤ)」

 

この「ヒマラヤ」アプリのサービスは、2013年スタートしているが、学生や社会人を中心に、またたくまに人気となり、2019年10月の発表(騰訊網)によると、すでにユーザー数が6億人を突破し、アクティブユーザー1人あたりの1日の視聴時間は平均170分を越えている。

 

上海・地下鉄構内の広告

地下鉄構内の「喜馬拉雅」広告(上海・4月23日撮影)

 

ここまで支持を集めている魅力は、その音声コンテンツの豊富さと基本無料というお手軽さだ。コンテンツは、経済・生活・美容・歴史・文化・語学・小説・ビジネス・ヘルスケア・エンターテイメントなど多岐にわたるので、幅広い層から支持を集めている。

 

しかも、一部有料のコンテンツをのぞき、基本的には無料で聴くことができる。

 

上海・スキマ時間の有効利用??

車内でもスマートフォンに見入る乗客が多い(上海)

 

また、音声は、ながら聴きができるので、いつでもどこでも聴きたいものを聴きたいだけ聴けるところも魅力。通勤や家事、就寝時などの“スキマ時間”の使い方への選択肢が広がる。

 

さらに、音声で聴くコンテンツのメリットをあげると、「目に優しいこと」だ。仕事でのデスクワークでもそうだが、ほとんどの人が、1日のうち、パソコンやスマートフォンの画面を見る時間が長くなっている。慢性的な疲れ目の人も多い。“聴く”ことで目を休ませることもできる。

 

聴くアプリは”スキマ時間の有効利用”!?(上海)

 

現在、新型コロナウイルスの感染拡大により、多くの企業が長期間にわたり、テレワーク中心で対応し、在宅時間が長くなる中で、オンラインを活用したコンテンツの配信や学習への関心が高まっている。

 

アフターコロナには、こうした多様なサービスのオンライン化がますます加速し、情報ツールとして価値を高めていくことも期待される。

 

 

参考:https://tech.qq.com/a/20191022/009288.htm

 

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「中国でヒマラヤアプリ人気」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308
URL: http://www.flymedia-china.com/

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.