FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2018.04.27
行列のできる網紅パン!その名も「きったないパン」、きったなくて大人気に?

おしゃれなパン屋さんが多くなってきた上海で、「網紅(ワンホン)」パンが登場して、若者が行列をつくっている。その名も「臟臟包(zang zang bao)」といい、日本語の意味は「きったないパン」。

 

「元祖きったないパン」と看板を出しているのが、ベーカリー&ドリンクの「LELECHA(楽楽茶)」。大人気となった今、多くのベーカリーやコンビニでも販売されているので、元祖?にこだわらなければ、比較的簡単に手に入るのだが、やはり、まだ元祖?は人気で、行列ができている。

 

コンビニでも販売する人気ぶり!

 

ちなみに「網紅」は、最近になって日本でもよく聞く言葉だが、インターネット上で大きな影響力をもつとか、人気があるという意味。

 

SNSなどで大人気となり、「大衆点評(中国最大の生活情報、口コミ投稿サイト)」などで話題となって、商品が有名になり、行列ができる。またその行列が口コミでさらに広まり、さらに大行列となる、というのが、現在の上海でブームになる鉄板のパターン。

 

話題のきったないパン

 

そもそもこの「きったないパン」、ネーミングもインパクト大だ。どうしてこの商品名なのかというと、パンにはココアパウダーのトッピングやチョコのコーティング、そして中までチョコたっぷりで、食べると口の周りや手が汚れるところから、この名前がついたということだ。まさに食べ方や食べている姿をみると、「きったない」感じがするパン。

 

おしゃれなベーカリーで「きったないパン」ブーム

 

お味は?というと、濃厚なチョコもココアパウダーもおいしく、外側のさっくり感と中のしっとり感など絶妙なバランスが抜群の味!ただ、1、2時間並んでも食べたいか?と聞かれると正直、悩んでしまうが、話題性ということで行列に並ぶ若者が多いのだろう。

 

ちなみに値段は、店により違うが、だいたいひとつ約180円〜300円。

 

最初は、チョコレート味が定番だったこの「きったないパン」。最近は、上海で不動の人気を誇る抹茶や、ストロベリーなど季節感のある味も登場して、味のバリエーションも増えている。

 

チーズとの「きったない」コラボも!

 

常に最新をもとめ、新しいもの好きの上海では、こうした流行やブームの命はとても短いとよく言われるが、この「きったないパン」人気がいつまで続くか。並ばなくても普通に買える日が来るのもそう遠くないはずだ。

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「上海で人気のきったいないパン」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧いただき、お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.