FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2019.11.25
ビクトリアハーバーに助っ人的存在の新フェリーが登場

警察とデモ隊の間で大規模な衝突が続いている香港。この衝突により、香港島と九龍エリアを結ぶ大きな役割をしているホンハムの海底トンネルが不通となっている。またMTR(地下鉄)の運行も不安定な状態にある中で、政府は11月20日よりホンハム(九龍側の日本人も多く居住するエリア)と湾仔(香港島の商業地区)、及び九龍城(九龍側の旧国際空港があった近辺の下町エリア)と湾仔を結ぶフェリーの無料運航を行い始めた。

 

今までビクトリアハーバーの両岸を結ぶフェリーとして活躍していた主なフェリーと言えば、観光客の足としても人気のスターフェリーであった。

香港のアイコン的存在のスターフェリー

 

そこに、ホンハムトンネルが復活するまでの期間限定とはなるが、新しい路線が登場をした事になる。

この新路線のフェリーは平日の通勤時間は20-30分に1本、そして平日の昼間及び土日は1時間に1本程度の割合で両岸を結ぶ。

 

こちらは湾仔発九龍城行きのフェリー

 

無料のフェリーとあって、乗船するにはかなり待つ必要がありそうだ。しかし、限られた移動方法で生活をしている市民にとっては、ありがたいサービスとなっている。

 

週末の昼間、フェリーに乗船をするために列に並ぶ人々

 

九龍城行きのフェリーが出航する湾仔側の乗り場は、九龍半島に向かって、コンベンション&エキジビションセンターの先端のあたり。また、ホンハム行きはコンベンション&エキジビションセンターの左手奥となる。

コンベンション&エキジビションセンター周辺へ行くと、乗り場を示した案内をところどころに見つけることができる。

 

湾仔のスターフェリー乗り場からコンベンション&エキジビションセンターへ

向かう途中で見つけることができる乗り場案内

 

ホンハム行きのフェリー乗り場

 

このフェリー、トンネルなどの交通網が安定をするまでの暫定的なものとはなるが、暫くは香港居民の足として活躍をしてくれることになりそうだ。(文/写真 香港コーディネーター 矢島園子)

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「フェリー新路線」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308
URL: http://www.flymedia-china.com/

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.