FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2019.11.08
すでに過去の産物に?一大ブームを引き起こしたシェアサイクルの今!〜上海編〜 

急速に普及し、「革新的なサービス」として大きな話題となった「乗り捨て自由」のシェアサイクル(シェア自転車)。瞬く間に中国各地で展開され、日本にも上陸するなど、一大ブームを引き起こした“シェアサイクル”だったが、現在、それも遠い過去となっているのが上海だ。

 

新しいもの好きの上海では、ブームの終焉も早く、今はもう過去の歴史?となっているかのような光景があちらこちらで見られる。かつては、使いたいときになかなか見つからなかったシェアサイクルだが、現在では、ところせましと大量に放置されている。

 

大量に放置されるシェア自転車

 

ピーク時には、“オレンジ(mobike/モバイク)、イエロー(ofo)、ブルー、グリーン...”とカラフルな自転車が路上に並んでいた。特にmobikeとofoの二強を中心に、電動自転車なども混ざり、数社がしのぎを削っていたが、それもすっかり淘汰され、現在、上海市内では、アリババグループ系のハローバイク(スカイブルー)とmobikeを買収した美団(Meituan/イエロー)が主流になりつつある。

 

美団(イエロー)自転車が徐々に投入されている

 

数社が破綻したときには、登録時に支払ったデポジットが返金されないなどの問題も出ていたシェアサイクルのシステムだったが、現在生き残っているシェアサイクルは、デポジット不要で使えるようになっている。

 

 真新しい美団のシェアサイクル

 

いずれも、モバイルに関連のアプリがダウンロードされていれば、新たに登録する必要もなく、デポジットも要らないので、より便利に利用できる。

 

アリババ系のハローバイクが勢力を拡大!

 

ところで、使い勝手が良く、便利な反面、登場した当初から懸念されていたのがマナーとメンテナンス。

 

“乗り捨て”ができることで、若者を中心に瞬く間に流行したシェアサイクルだが、駐輪場として指定されたエリアに駐輪せず、好き勝手に止めてしまうので、歩行者の邪魔になる、景観を損なうなどといった苦情も寄せられた。

 

きれいに並ぶシェアサイクル

 

サドル、タイヤ、ブレーキなどがこわれても、なかなかメンテナンスまで行き届かず、そのまま放置され、粗大ゴミ化してしまうこともあり、「シェアサイクルの墓場」と評される廃車となった自転車の山などが度々SNSなどで投稿され、国内外でも話題となったことは記憶に新しい。

 

通行の邪魔になりそうな大量の自転車

 

外出しなくても全てがデリバリーで完結すると言っても過言ではない上海の生活、シェアサイクル業界も新たな局面を迎えている。

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「一大ブームを引き起こしたシェアサイクルの今!」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.