FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2016.05.26
賠償目的?4kmに700本、設置間隔5m!街路灯が多すぎる村

5月25日、陝西省の地方紙『華商報』によると、西安市に位置する姜仁村の東部「姜仁東村」が、計4キロメートルの道路に約700本の街路灯を設置、中には設置間隔が5メートルを切る所もあり、街路灯が密集しすぎていると話題となっている。

 

1

多すぎ!明るすぎ!(出典:騰訊新聞)

 

田畑の脇に、所狭しと設置されたソーラー式街路灯。わずか4キロメートルに及ぶ道路に設置された街路灯の数は、なんと約700本!一般的に高さ6メートル位のソーラー式街路灯の設置間隔は、約20~25メートルとされているが、姜仁東村では、約5~10メートル間隔で設置されている。また、一部街路灯は、肝心のソーラーパネル部分に木々が生い茂り、正常に機能しているかは不明だ。

 

2

木々が生い茂る(出典:騰訊新聞)

 

街路灯の設置は、村民の代表らが協議の上、決定したもので、設置目的は「村民の夜間外出のため」。設置間隔も村の幹部が決定した。資金は村民から徴収され、1戸あたり最低2000元(約3万4000円)を負担した。街路灯は1本あたり約1900元(約3万2000円)だという。

 

3

問題の姜仁東村へと続く道(出典:騰訊新聞)

 

一部村民の話によると、街路灯が設置された田畑などは、近々、収用予定の土地で、計画通り収用された場合は、街路灯を取り壊さなくてはならないため、賠償金が支払われるはずだという。これに対し、姜仁東村会の鄭会長は、「街路灯が密集している理由は、街路灯を長持ちさせるため。すべての街路灯を同時に使うのではなく、街路灯をいくつかのグループに分け、交代で使用し、寿命を長持ちさせているのだ」と賠償目的説を否定した。

 

果たして、姜仁東村の本当の目的は?真相はまだ闇の中だ。

 

4

車一台分の間隔で並ぶ街路灯(出典:騰訊新聞)

 

参考:

http://news.qq.com/a/20160525/003192.htm#p=1

 

※株式会社フライメディアは、中華圏と日本をつなぐ会社です。

本日御紹介した「街路灯が多すぎる村」関連の取材したい、もっと詳しくリサーチしてほしい、写真や映像を使用したいなどご要望がございましたら、是非弊社にお問い合わせください!

中華圏オモシロ動画、毎週更新中!FlyMedia YouTube channel

東京本社 Tokyo Headquarters
〒105-7110
東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター10F(1016室)
TEL: 03-5537-7281 / FAX: 03-5537-7282 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化諮問有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
United Smile Limited
九龍佐敦德興街12號興富中心19樓1906室

© 2015 FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.