FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2016.12.22
大気汚染「赤色警報」の中、中学校が急遽校庭で模擬試験を実施!?

12月21日、河南省の地方紙「大河報」によると、連日の深刻な大気汚染で休校となる学校が相次ぐ中、河南省林州市の学校が校庭で生徒に試験を受けさせたとして、非難の声が上がっている。

 

20161222

深刻な大気汚染の中、模擬試験を受ける生徒たち(出典:騰訊新聞)

 

19日、河南省北部に位置する林州市では、連日、大気汚染物質PM2.5(微小粒子状物質)が標準値を大きく上回っており、大気汚染の最高レベルである「赤色警報」が発令したことを受け、同市の教育委員会は、市内すべての小中学校、幼稚園に休校指示を出した。しかし、同日、同市臨淇鎮一中学校は休校になるどころか、大気汚染の中、生徒たちに校庭で試験を受けさせていたという。

 

201612222

大気汚染で隣の生徒も霞んでいる(出典:騰訊新聞)

 

同市臨淇鎮一中学校に通う生徒の保護者が提供した写真によると、大気汚染で隣の列の生徒の姿も霞んでいる中、生徒たちは跪き試験を受けている。生徒によると、19日の午前中に英語と数学、午後に国語と物理のテストが行われ、「椅子を校庭に持っていき試験を受けた」という。中国では、カンニング防止のため、屋外で試験を実施する事がある。

 

201612223

模擬試験が行われたサッカーグラウンド(出典:騰訊新聞)

 

教育委員会は、19日午前中、全校に対し、昼の12時より休校、「赤色警告」が解除されるのを待って通学開始とすると通知していた。

 

休校の通知を受け取っていたにもかかわらず、学校側はなぜ屋外で試験を実施したのか。同校の校長によると、実施したのは模擬試験で、当時、空気汚染はそれほどひどくなく、急遽試験を行うことにしたという。なぜ、通知を受け取った後も試験を実施したかという問いに関しては、「ここまでやったので、やりきろうと思った」と、笑って返答した。また、模擬試験は「急ぎではなかった」という。当時、校庭で試験を受けた生徒は480人に上った。

 

201612224

校長による手書きの説明(出典:騰訊新聞)

 

参考元:http://news.qq.com/a/20161221/001392.htm#p=1

 

※株式会社フライメディアは、中華圏と日本をつなぐ会社です。
本日御紹介した「PM2.5赤色警報の中、校庭で試験」関連の取材したい、もっと詳しくリサーチしてほしい、写真や映像を使用したいなどご要望がございましたら、是非弊社にお問い合わせください!

 

東京本社 Tokyo Headquarters
〒105-7110
東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター10F(1016室)
TEL: 03-5537-7281 / FAX: 03-5537-7282 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
United Smile Limited
九龍佐敦德興街12號興富中心19樓1906室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.