FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2016.09.30
10月1日は国慶節、7日間の大型連休いよいよスタート!例年のとおり、前日から交通規制を実施。

10月1日からの大型連休を前に、例年通り、前日の9月30日より本格的な国慶節ラッシュが始まる。

 

2008年より祝日制度が変わり、年3回あった大型連休とよばれる祝日は、春節と国慶節休暇だけとなり、この機とばかりに国内外にバカンスに出る人、一時帰国する外国人や帰郷する地方出身者などで中心部が空洞化する上海は、上海留守番組には非常に過ごしやすい一週間を迎える。一方、国内外より観光客がどっと押し寄せるので、市内の観光地区に限ってのみ言えば、人の波ができ、春節に続く民族の大移動を思わせる光景ができる。こういう場所によるギャップも上海の秋の風物詩だ。

 

20160930ロゴあり

秋空にたなびく国旗「五星紅旗」で準備万端

 

この大型連休を安全でスムーズに乗り切るため、毎年、上海では様々な工夫がこらされている。その最たるものが、前日から始まる市内の交通規制。さながら日本で言うところの街をあげてのお祭りイベント時のように市内の一般道路に規制が入り、期間限定で通行止めや一方通行になる。また市内を走るバスの運行時間も調整されるし、地下鉄も例えば国内外に有名な外灘(バンド)の最寄り駅「南京東路」駅は期間限定で封鎖される。今年は9月30日から10月3日までの午後4時以降、駅が封鎖され利用できない。混雑による混乱をさけ、安全を確保するための手段として、観光地に近い駅では、連休などでよく実施される対応のため、地元っ子は慣れているが、観光客は注意が必要になる。歩行者天国である南京東路は観光客が多いと歩行者も一方通行になり「カメ行進」になる。

 

201609302ロゴあり

連休中は一部観光地を除き、ガラガラになる地下鉄

 

最近の出国ブームで、連休中を海外で過ごす人も増え、この時期の旅行代金はグンと跳ね上がるものの、長期連休の少ない中国では、この時期を逃さず、前後に有給休暇をとり、ここぞとばかりに豪遊する若者も多い。一般に、前日の30日は、半日出勤や午後3時に退勤と交通規制を避け、従業員に便宜を図る会社がほとんどで、実質は30日午後より休暇がスタートする。

 

201609303ロゴあり

連休中は有名な南京東路も旅行客であふれる

 

今年は上海ディズニーも開園して、上海に押し寄せる観光客がますます増えるだろうと見込まれているが、天気予報によると連休中の上海は天気が悪く、あいにくの雨模様らしい。もちろん、雨にも負けない人民パワーでやはり観光客であふれるだろうとは予測できる。

 

※株式会社フライメディアは、中華圏と日本をつなぐ会社です。

本日御紹介した「上海の国慶節」関連の取材したい、もっと詳しくリサーチしてほしい、写真や映像を使用したいなどご要望がございましたら、是非弊社にお問い合わせください!


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒105-7110
東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター10F(1016室)
TEL: 03-5537-7281 / FAX: 03-5537-7282 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
United Smile Limited
九龍佐敦德興街12號興富中心19樓1906室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.