FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2016.05.02
自作の潜水艇を完成させ、特許を取得!アマチュア発明家ブームが起こりそうな予感

4月27日、安徽省含山県に住む張勝武さんが新型の潜水艇を発明し、このほど、水中デモンストレーションを行った。今年51歳になる張さんは、幼少の頃から利発で、中学卒業後は地元を離れて、各地で様々な職業についていたが、2006年に地元にもどり、建築材料の経営をしている。

 

1

笑顔で潜水艇を披露する張さん

(出典:央広網)

 

もともと発明好きな張さん、中央テレビの番組「我愛発明」のファンで、毎回欠かさずチェック。その日もいつもの通り番組を見た張さんは、ふとひらめいて「潜水艇」をつくろうと思ったのだとか。ところが、潜水艇をつくるにはコストもかかるし、危険もともなうと、妻の強い反対を受けて泣く泣く断念。しかし、どうしてもあきらめきれない張さんは、2014年10月、妻が里帰りをしている期間を狙ってとうとう「潜水艇」作りを始めた。約2ヶ月の時間をかけて製作、見事に潜水艇を完成させた。かかった製作費は約5.000元余り(約95.000円)だった。

 

2

特許証明も取得しています(出典:央広網)

 

張さんが完成させた潜水艇は長さ6メートル、高さ約1.2〜1.5メートルで、操縦席の幅が約60センチ。5ミリの鋼板で覆われ、速度は時速7ノット(1ノット=1.852キロ)。「潜水艇の中がせまいので、酸素供給システムを搭載できなかった。酸素は管を通して供給する」から、潜水の深さに限界があると残念そうに語る張さん。目下の潜水の深さは1メートル強が限界だ。

 

潜水艇の動力システムには三輪車のモーター、12ボルトのバッテリー4つが電力供給源だ。潜水艇を安定させるために1.5トンのセメントを注入しているので、潜水艇はおよそ2トンにも及ぶ。

 

2016年2月、張さんが発明した新型潜水艇は、国家知的所有権局が発行した特許証明書を取得した。自作の潜水艇は完成したが、張さんの発明欲はまだ止まらず、次の目標は水上救援艇だ。張さんにかぎらず、ここ数年、農村のアマチュア発明家がネットで多く紹介されるようになった。今後も、ネットで話題をよぶ発明がどんどん増えてくるだろう。

 

参考:http://news.cnr.cn/native/pic/20160428/t20160428_522005733.shtml

 

 

※株式会社フライメディアは、中華圏と日本をつなぐ会社です。

本日御紹介した「張勝武さんの自作の潜水艇」関連の取材したい、もっと詳しくリサーチしてほしい、写真や映像を使用したいなどご要望がございましたら、是非弊社にお問い合わせください!

 

 

 


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒105-7110
東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター10F(1016室)
TEL: 03-5537-7281 / FAX: 03-5537-7282 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
United Smile Limited
九龍佐敦德興街12號興富中心19樓1906室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.