FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2017.02.17
渋滞知らずの71 路バス、新たな上海観光の交通手段としても注目!

71路乗った?」上海の巷で聞こえる会話、今最もホットなバスが春節で賑わう21日、上海市中心部の一般道を走る高速バスとして颯爽と登場した。

 

1

スマートな外観に、赤とグレーのデザインも印象的だ

 

71路バスは、名称を「71中運量(中規模輸送量)公交車」と言い、上海初のBRTBus Rapid Transit:バス高速輸送システム)だ。上海の中心部を東西に貫く延安路(東路、中路、西路)を運行する。2両連結バスと通常の1両バスの2タイプがあり、外灘(バンド)駅から虹橋方面の申昆路枢紐駅まで全長17.5キロを約70~75分で運行する。混雑時には4~5分間隔、それ以外の時間帯でも約10分間隔で運行しているので、待ち時間も短い。

 

 

2

有名な観光地である外灘(バンド)から出発する71路バス

 

設置されたバス停は始発駅と終点駅を含め25駅。日本人が多く居住する古北新区の水城南路にもバス停が設置されており、「市中心地へのアクセスがとても便利になった」と評判も上々である。料金は片道一律2元(約34円)。ちなみに地下鉄の乗車料金は3元(約51円)から。

3

正面には大きく「71路」とあり、人目をひくデザイン

 

運行する延安路には専用車線を設定し、2両連結バスの導入により従来のバスよりも輸送量を多くすることで渋滞緩和の交通手段としての活躍が期待されている。2両連結バスの定員数は150名とのこと。

 

4

 

お披露目のピークを過ぎて、平日は少し落ち着いてきた乗客数

 

「専用車線を走行するので、渋滞とは無縁」と関係者は太鼓判を押している71路バス。確かに来る3月25日より施行される新たな上海市交通管理条例で、「休日や祝祭日は一般車両の路線バス車線での走行を許可する」規定に改定されているが、「71路バス専用車線を除く」と但し書きがある。つまり、どんなに他車線が渋滞して、71路バス専用車線が空いていても、一般車両は走行できないということだ。上海市の71路バスにかける期待の大きさを感じさせるが、一方で混雑時にこの一車線を走行できないのは、かえって渋滞を深刻化させるのではないかという声も一般車両ドライバーから上がっている。

 

5

各バス停に係員が待機、安全ゲートも設置されている

 

さて、新しいもの好きの上海人、話題となっているバスの開通初日を見逃すはずはなく、春節休暇の最中ということもあってか、始発駅では長蛇の列ができていた。しかもバス乗車が目的だから、途中下車もなく、車内はギュウギュウの満員だったと、利用した乗客がSNSでコメントしている。

 

6

赤色の専用車線で渋滞しらず、使い方次第で便利な交通手段に!

 

※株式会社フライメディアは、中華圏と日本をつなぐ会社です。

本日御紹介した「上海の71路バス」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧頂き、お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒105-7110
東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター10F(1016室)
TEL: 03-5537-7281 / FAX: 03-5537-7282 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
United Smile Limited
九龍佐敦德興街12號興富中心19樓1906室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.