FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2018.10.05
国慶節は上海の「空城」?を楽しむ!十・一黄金週間の過ごし方に変化が!

今年も10月1日の国慶節(建国記念日)を迎え、始まった中国のゴールデンウィーク(10月1日〜7日)。相変わらずの出国ブームが続く一方で、長期休暇の過ごし方に少しずつ変化があらわれている。

 

国慶節を迎え、閑散とするオフィス街

 

9月末から、上海市内の街頭や駅構内には中国の国旗、五星紅旗がたなびき、「国慶節ムード」が高まる中、10月1日から7日間の長期休暇に入った。

 

沿道にたなびく国旗・五星紅旗と人の波

 

日ごろ渋滞が深刻な上海市内の主幹道路もガラガラになり、豫園、バンド(外灘)、上海ディズニーなど人気の観光地をのぞき、オフィス街も閑散としている。

 

赤のディスプレイが輝く地下鉄の通路

 

近年、大都市では長期の休みに旅行にいかず、閑散とした都市を楽しむ、いわゆる“居残り組”“留守番組”の姿を多く見かけるようになった。

 

毎年、観光地は人の波であふれる

 

日ごろ、仕事や生活にストレスをかかえる地元の“上班族(会社員)”の中で、ここぞとばかりに閑散として空洞化した都市、「空城」を満喫する人が年々増えてきたのだ。

 

セール中のスーパーも人出が少ない

 

「空城」とは、いつもの人口とは違い、閑散とした都市のことを指す言葉だが、北京、上海、深圳などの大都市を中心に毎年2回、「空城」が話題になる。この国慶節と春節(旧正月)の長期休暇である。

 

人気の観光地以外、閑散とする上海

 

例年、国慶節の旅行ラッシュで、人気の観光地は国内外を問わず、人であふれる。どこへ行っても人、人、人の海で、「景色ではなく人を観光している」と揶揄されるほどで、休みに旅行に行き、余計疲れて帰ってきたという人も少なくない。

 

爽やかな天気と緑を満喫する若者たち

 

こうした中、普段の喧噪とは離れ、静かになる上海市内に残る若者や駐在員も多く、また、今年の上海は国慶節休暇の前半の天気もよかったので、緑あふれる市内の公園で「天高く馬肥える秋」を楽しむ若者や家族連れの姿が多くみられた。

 

公園で日光浴をする”留守番組”

 

2018年もあと3ヶ月。旅行に出る人、留守番組、帰省する人、残業する人、それぞれが年末までのラストスパートをかける前に、つかの間の休息を満喫している。

 

家族連れも多く、ピクニック気分で楽しんでいる

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「国慶節の過ごし方」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧いただき、お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.