FLY MEDIA BLOG

FLY MEDIA BLOG

2020.12.16
台北のクリスマスイルミネーション (その他のエリア)

台湾各地で雨が降り続き、冬日を観測している。12月10日には台北、新北、宜蘭など、広い範囲で震度4を記録するやや大きめの地震が発生した。激しい縦揺れが突然襲いかかった為、「1999年に発生した921大地震を彷彿した」という人もいる程、近年台北エリアで起きた地震の中ではかなりの衝撃を受けた地震のようだ。今後大きな余震が起きない事を祈るばかりである。

 

12月も早くも後半に差し掛かりクリスマスムードが漂う中、各地でコロナ禍を忘れさせるような賑わいを見せている。週末の大型スーパーなどは来客数も通常に戻り、マスクはしてはいるが、やや不安を感じる人もいるようだ。

 

今回は台北で最も華やかなクリスマスイルミネーションが見られる信義區以外のクリスマスの様子をレポートしようと思う。

 

コロナ禍が始まって以来、海外旅行がお預けとなった現在、台湾島内で旅行をし、経済復興に繋げようと動きがある為、今年のクリスマスイルミネーションはどこの商業施設も不況ながらも例年にも増して豪華な様子を見る事ができる。

 

台北駅の大ホールにある汽車とツリーのオーナメント

 

現在台湾鉄道のイベントが開催されており、SLから無数の雪の結晶で出来た煙が吹き出すモニュメントが飾られている。これにはピンクリボン運動の推奨運動も含めているようだ。雪の結晶の影絵がフロアいっぱいに広がり幻想的な雰囲気が楽しめる。

 

今までより更にバージョンアップした遠東そごうのイルミネーション

 

お菓子の家のようなログハウスのモニュメント、LEDで暖炉の中の炎も再現するこだわり様!

 

台北屈指のショッピングエリア忠孝復興駅にある「遠東そごう」今年はクリスマス前から沢山の地元民で賑わっている。光り輝くツリーの中は多数の電球が飾られたミラーハウスのような造り。中に入って撮影をする事ができる。

 

そしてもう1カ所、見逃してはいけないエリアが中山駅エリアだ。

 

誠品生活の建物の上には大きな星が!建物の円柱部分がツリーになったような造り

 

その向かいには三越プロデュースの巨大なツリーが

 

長年台北のイルミネーションを見て来た筆者、今年のクリスマスイルミネーションの気合いの入れ方、おしゃれ度はかなりの物だと思う。そしてここ数年ですっかりお洒落になったクリスマスを祝う町並みに、正直驚きを隠せない。

 

通りには青を基調としたダイアモンド、子鹿などのイルミネーションが

 

ストリートのクライマックスはきらびやかな光のトンネルが

 

お洒落度満点の中山駅エリア、在住の人はぜひ現地に行って楽しんで欲しい。

 

年々変化する台湾のイルミネーション、以前のような中華テイストがすっかり消えてしまい、お洒落に生まれ変わっているようだ。

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービス、ライブ配信サービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「台北のクリスマスイルミネーション (その他のエリア)」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら
totop TOPへ

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
TEL: 03-6206-3414 / FAX: 03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100026
北京市朝陽区姚家園路105号3号楼4階501室6
URL: https://www.flymedia-china.com/

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.