FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2020.11.16
冬目前で、第二波懸念!コロナ対策を再び強化する上海市と気を引き締める市民。

11月1日、上海では上海市公共衛生応急管理条例」が施行された。自身の健康管理と防護意識の強化が改めて強調された形だ。

 

上海市内では、海外からの入国者以外での新規感染者数ゼロ状況が続き、映画館や劇場少しず通常営業に戻り、美術館や博物館といった文化施設は事前予約制もあるが、開館しシーズンイベントなどもにぎわいを見せている。

 

人気店に行列!マスク姿は?

 

「上海が一番安全」、コロナの影響で帰国できずに上海に留まる外国人や上海市民が口をそろえる

 

今回は、大型連休にも行楽地に人がおしよせ、コロナの話題が落ち着いてきたかのように感じた矢先の条例施行だ

 

最近はソーシャルディスタンスもスルー!?

 

現地では、これから本格的な冬が到来するため、感染拡大を事前防止しようと早めに対応を強化する条例だとする見方もある。

 

「消毒済み」が日常に溶け込む“違和感”

 

これまでは、地下鉄乗車でマスク着用が必須である、公共バスやタクシー乗車ではマスク着用に関してはアバウトで、最近ではつけない人も多くなっていた

 

今回の条例では、共バスやタクシーもマスク着用が義務化となり、場合によっては法的責任も問われることになる

 

上海のソーシャルディスタンス???

 

そうした中、11月9日(月)に浦東国際空港内勤務者1名のコロナウイルス陽性者が発表された

 

その後、速やかに接触者から濃厚接触者を洗い出し電光石火のごとくエリア封鎖隔離、消毒といった対応されたことで、「わずか1名の陽性者で緊張がはしる上海」とSNSなどで大きな関心を集めた。

 

「厳しい管理だからこそ全、安心に生活できる」と、こうした条例も歓迎ムード。本格的な冬の到来を迎えるにあたり、緩んでいた気持ちを引き締め、これからが正念場だと考える市民も多い。

 

一般的になった取り箸の習慣

 

そして、現地の日本人駐在員も厳しい冬を迎える。来年2月の春節(旧正月)の帰郷大移動を過ぎてからのコロナ感染状況をみないとおちおち一時帰国も出来ないと嘆く状況によっては一度中国から出国してしまうと、再入国が難しく、仕事に影響が出るかもしれないからだ。

 

先がよめないため、ただただ“動かず”して静観する人、マスクや食糧の買いだめをして準備する人などさまざま。悲喜こもごもの冬がまもなく始まろうとしている。

 

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービス、ライブ配信サービスをご提供している会社です。 本日御紹介した「上海のコロナ対策強化」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308
URL: https://www.flymedia-china.com/

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍尖沙咀麼地道77號華懋廣場10樓19室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.