FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2019.11.01
芸術の秋、フォトジェニな写真がとれる北京アートエリア”798芸術区“の魅力!

北京に、廃墟や工場の建物をそのままギャラリーとして活用していて、そのエリアの街並み全体がアートに見えるスポットがある。それが“798芸術区(大山子芸術区)”で、中国最大のアートエリアとも言われている場所だ。

 

北京のアートスポット”798芸術区”

 

路上にいくつも個性的なオブジェがあり、建物自体が作品のようになっているところも魅力で、国内外から多くのアート好きが集ってくる。

 

街の風景に”融合”しているオブジェ

 

近年は、このエリアでフォトジェニな写真をとり、SNSなどにアップすることが若者の間で人気となり、アートファンだけではなく、多くの若者が撮影に訪れる話題のスポットとしても知名度があがっている。

 

今回は、この798芸術区でもSNS映えするとして人気の高いスポットを紹介したい。

 

ポップな壁アートも魅力!

 

まずは、乙女心をがっちりつかんでいる壁アート。カラフルで大きな羽根を背中につけているかのような写真がとれるこのスポット。平日でも女性グループで写真撮影している光景が見られる。様々なアングルから何枚も写真を撮る様子は、プロも顔負け。

 

SNS映えで人気の撮影スポット

 

こうしてフォトジェニな写真を撮るときは、みなマナーよく、順番待ちの行列をつくって並んでいる。

 

 

この798芸術区にはこうした壁アートが多く見られるが、ダントツでこの羽根アートの人気が高い

 

緑の壁アートの存在感もすごい!

 

また、絵画や彫刻、写真など幅広いジャンルの芸術が楽しめるギャラリーやアートセンター、デザインオフィスなどで、様々な展示会やイベントが不定期で開催されているので、室内外で一日楽しめるスポットでもある。

 

ユニークなデザインの公衆トイレ

 

ゆっくりまわりたいならば、平日の日中がおすすめだ。好みのカフェなどを見つけてまったりするのも良い。

 

 

大きな通りから奥に入ると、せまい路地がいくつもあり、迷路のようでもある。芸術区内の地図も設置されているが、規模が大きすぎて、目的の場所を探すのが大変そう。ここは時間に余裕をもって、ぶらぶら散策するのが良い。

 

 

そして、数あるアートセンターの中でも“癒し系”としてとりわけ女子に人気なのが「798幻芸術中心(第一空間)」の「巴日林的奇幻之旅」。室内に宇宙、星空、森林、海底と、乙女女子が好きそうな幻想的な世界が広がり、どこを撮影してもSNS映え!

 

 

現在、中国ではこうした幻想的な空間でフォトジェニな写真を撮影することが人気で、各地にも似たような展示スポットがあり、若者が集うところには、たいていSNS映えするスペースがつくられている。

 

 

798芸術区:北京市朝陽区酒仙橋路2号706大廠房

*798芸術区への入場は無料。ギャラリーやイベントでそれぞれ入場料が違う。

 

 

株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。
本日御紹介した「北京アートエリア798」関連についてもっと知りたい方、写真の使用をご希望の方は、是非お問い合わせください。


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.