FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2016.07.08
パンダ好きにはたまらない「パンダだらけ」のテーマ型レストラン。パンダに癒されたい人集合!

愛くるしいしぐさとぬいぐるみのような愛嬌のあるパンダをテーマとした四川料理レストラン「熊猫(パンダ)川菜」が上海市の徐匯区にある。このレストラン、とにかくどこを見てもパンダ、パンダ、パンダ…とまさにパンダ天国の店内、パンダ好きは秒殺されてしまうほどパンダの多さにびっくりする。しかもかわいくて、見ていて飽きない。

パンダレストラン①

席の近くに赤、青、緑のパンダ60頭が飾られている

 

パンダにあわせて、使っている食器類には竹がモチーフとして描かれ、カラフルなパンダがいるにもかかわらず、オシャレなデザインで、落ち着いた雰囲気を醸し出している。

 

レストランが市中心からやや離れている場所にあるせいか、「レストランだけではなくトイレまでもが」と今ではすっかり上海の名物になった行列に並ぶこともなく、すんなり席につけ、邪魔されることなく、ゆっくりパンダを鑑賞できる。一番気のメニューは「毛血旺」という血豆腐、モツや野菜を激辛スープで煮込んだスタミナ料理。

 

 中国版食べログとも言われる生活口コミサイトで、ユーザーが約2億人ちかく利用率No.1の「大衆点評(Dazhong dianping)」というアプリによると、「めちゃくちゃ美味しいとわざわざ遠出して食べにくるほどの味ではないが、パンダは可愛い」「スタッフのサービスは普通」など味やサービスに対するコメントは辛口が多い。だが、このパンダの魅力にノックダウンされ訪れるファンにとって味やサービスなど二の次なのだ。このパンダに囲まれた空間だけでもう来店価値があると言ってよいくらい、癒される。実際訪れる人たちは「パンダに癒されながら、落ち着いて食事ができる」と来店客数が少ないことも歓迎している。

 気になるお値段は、大衆点評サイトによると4〜5人グループで来店して、1人当たり60〜80元(約1000〜1500円)ほど。

パンダレストラン②

 それぞれ異なるパンダが描かれている個室はグループに大人気。

 

これから上海も猛暑を迎えるが、「夏バテ防止には激辛料理!」とばかり、辛い料理を食べながら、パンダに癒しを求め訪れる人も多く見られそうだ。パンダ好きには必見のレストラン、アクセスは地下鉄利用が便利。

パンダレストラン③

つぶらな瞳で見つめられたら箸も止まってしまうパンダ個室

 

パンダレストラン④

親子パンダの背中も微笑ましく、思わず笑みのパンダ個室

 

パンダレストラン⑤

一頭一頭にデザイナーの思い入れがあるとのこと

 

( 店舗情報:熊猫川菜 上海徐匯区田林路140号越界創意園15棟)

出典元:フライメディア

※株式会社フライメディアは、中華圏と日本をつなぐ会社です。

本日御紹介した「パンダレストラン」関連の取材したい、もっと詳しくリサーチしてほしい、写真や映像を使用したいなどご要望がございましたら、是非弊社にお問い合わせください!


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら
中華圏オモシロ動画、毎週更新中!FlyMedia YouTube channel

東京本社 Tokyo Headquarters
〒105-7110
東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター10F(1016室)
TEL: 03-5537-7281 / FAX: 03-5537-7282 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化諮問有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
United Smile Limited
九龍佐敦德興街12號興富中心19樓1906室

© 2015 FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.