FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2015.11.30
成都行きCA422便・CA421便の出入国審査について

IMG_2621中国四川省と言えば、パンダは外せません。毎年、たくさんのファンがパンダを見るために、四川省を訪れます。

 

今日は、日本から四川省に渡航する際に、フライトCA422及びCA421を利用される旅行者の方へ、出入国審査の手順が少し複雑なので、その情報をお伝えしたいと思います!

 

CA422便

1.北京到着 ⇒ 入国審査

成田→成都へ向かうCA422便は北京経由便です。北京到着の際、すべての手荷物を持って一度飛行機を降ります。ゲートで「成都行き」の看板を持ったCAの係員がいますので、その前に並び、全員が揃ったら、入国審査を受けます。

 

そして、他の到着客とは別に、左手の専用セキュリティゾーンへ入り、通過したらもう一度CA422便の搭乗口へ向かい、搭乗します。

 

北京空港は、入国審査の手続きをするだけなので、荷物をピックアップする必要はないのですが、時間的にはタイトです。

 

2.成都到着 ⇒ 乗車するバスに注意!

成都に着いたら、飛行機を降りる際、国内線到着バスと国際線到着バスが並んでいますので、乗り間違いに注意が必要です。必ず国際線到着バスに乗ってください。

 

CA421便

1.成都の空港では出国手続きをしないので、免税店が使えない

また、逆のCA421便成都発→成田着の流れですが、成都では国際線ターミナルで搭乗手続きをしますが、出国手続きは北京で行います。

成都空港ではイミグレを通り、セキュリティチェックのみで終わりますので、国際線の免税店は使えません。北京の免税店でお買い物をしてください。

 

2.北京に到着したら、出国審査

北京に到着したら飛行機を降り、国内到着バスに乗らず、国際線乗り継ぎという看板を持っているCAの係員の所に並び、トランジットカードをもらいます。全員が揃ったら、国際ターミナルへ向かい、出国審査を受けます。出国審査が終わったら、またCA421便に乗ります。

 

CA422/CA421などの経由便は、ほかの乗り継ぎ便より複雑ですので、皆様、間違いのないよう、楽しい旅にしてくださいね。

東京本社 Tokyo Headquarters
〒105-7110
東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター10F(1016室)
TEL: 03-5537-7281 / FAX: 03-5537-7282 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
United Smile Limited
九龍佐敦德興街12號興富中心19樓1906室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.