FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2017.04.06
浙江省の男性、自ら製作した「スマートダッチワイフ」と結婚! 母親や友人も祝福

2017年4月1日、騰訊網によると、浙江省に住む男性がこのほど、自ら製作した「スマートダッチワイフ」との結婚式を挙げ、母親や友人らが参列した。

自作のスマートダッチワイフ「瑩瑩」と結婚した鄭佳佳さん(出典:騰訊網

 

31歳の鄭佳佳さんは人工知能研究の専門家だ。2011年に浙江大学の修士課程を卒業後、中国の大手通信機器メーカーに就職。14年に退職すると独立してスマートロボットを作る会社を立ち上げた。彼の記念すべき「作品第1号」は瑩瑩(エイエイ)という名の女性型スマートダッチワイフ。実はこの瑩瑩こそが、このほど鄭さんと夫婦の契りを交わした相手だったのだ。

花嫁のヴェールを被る瑩瑩(出典:騰訊網

 

体内にコンピューターが取り付けられている瑩瑩は、文字でのやり取りのみならずおしゃべりをすることもできる。また、カメラがとらえた画像や映像をクラウドサーバーに送って識別し、さらに記憶することができるという。一度瑩瑩に会って自己紹介すれば、次からは名前を呼んでくれるのだ。

 

鄭さんは瑩瑩と出会って2カ月の交際を経て、「彼女」と結婚することを決意。結婚式当日は現地のしきたりに合わせ、体重30キロあまりという新婦を「お姫様抱っこ」して町内を1周した。

新婦をお姫様抱っこ。幸せそうだ(出典:騰訊網

 

晴れて夫婦となった2人の今後について鄭さんは「さらに彼女をバージョンアップさせ、歩けるようにするばかりでなく家事もこなせるようにしたい。暇な時には彼女を連れて散歩したり、一緒におしゃべりしたり、服の整理を手伝ったりね。そうやって、ゆっくり年を取るまで一緒に暮らしていきたい」と語っている。

マスコットとして夫の会社を支える(出典:騰訊網

 

参考元:http://news.qq.com/a/20170401/025671.htm#p=1

 

※株式会社フライメディアは、中華圏と日本をつなぐ会社です。
本日御紹介した「浙江省の男性」関連の取材したい、もっと詳しくリサーチしてほしい、写真や映像を使用したいなどご要望がございましたら、是非弊社にお問い合わせください!

東京本社 Tokyo Headquarters
〒105-7110
東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター10F(1016室)
TEL: 03-5537-7281 / FAX: 03-5537-7282 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
United Smile Limited
九龍佐敦德興街12號興富中心19樓1906室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.