FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2017.01.16
開通したばかりの「世界一高い橋」から男性がジャンプ! 見事着地に成功

1月12日、中国新聞網によると、昨年末に開通した雲南省と貴州省を結ぶ「世界で最も高い橋」で8日、29歳の男性がベースジャンプに挑戦し、成功した。

バンジージャンプ①

「世界一高い橋」からのジャンプに成功した亜さん (出典:中国新聞網

 

ベースジャンプとは、ビルや断崖、橋桁などの高所から飛び降り、パラシュートを開いて着地するという、エクストリームスポーツの一種だ。スカイダイビングよりも落下する高度がはるかに低く、パラシュートを開くタイミングなど高い技術が求められる。

 

今回、全長1341.4メートル、高さ565メートルを誇り、世界一高い橋とされる北盤江大橋の雲南省側で危険なチャレンジを試みたのは、同省昭通市からやってきた29歳の亜当さん。全ての準備を終え、「5、4、3、2、1、ジャンプ」の号令に合わせて橋の点検補修用通路から飛び降りた。

バンジージャンプ②

チャレンジ前には両手を合わせて祈る姿も(出典:中国新聞網

 

飛び降りてから10秒後、亜さんは背負っていたパラシュートを開いた。この時すでに360メートル落下しており、一歩間違えば大事故は避けられない。緊張が走るなか、パラシュートは無事に開き、亜さんは残りの205メートルを1分あまりの時間をかけてゆっくりと落下して着陸した。所要時間1分21秒、世界一高い橋からのベースジャンプは大成功に終わった。

バンジージャンプ③

靴ひもを締めなおす手にも力が入る (出典:中国新聞網

 

極限のチャレンジに成功した亜さんだが、彼にとって今回のチャレンジは新たな始まりに過ぎないようだ。「近い将来、国内外のプレイヤーたちをここに呼んで、より刺激的で壮観な、血の沸き立つような挑戦をしたい」とさらなる「野望」を口にしている。

 

(情報源:http://www.chinanews.com/tp/hd2011/2017/01-12/707232.shtml)

 

※株式会社フライメディアは、中華圏と日本をつなぐ会社です。
本日御紹介した「ベースジャンプ」関連の取材したい、もっと詳しくリサーチしてほしい、写真や映像を使用したいなどご要望がございましたら、是非弊社にお問い合わせください!

 


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒105-7110
東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター10F(1016室)
TEL: 03-5537-7281 / FAX: 03-5537-7282 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
United Smile Limited
九龍佐敦德興街12號興富中心19樓1906室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.