FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2016.12.07
おとぎ話のようなメルヘンなキノコの家に住む100人の「小人」たち、今日も元気にパフォーマンスを披露!

12月2日、騰訊網によると、雲南省昆明市西区碧鶏鎮にある村に住む身長130cmの「小人」の住民がいつものように歌や踊りを披露していることを紹介している。

小人①

おとぎ話に出てくるようなメルヘンな「キノコの家」

(出典:騰訊網)

 

取材した記者によると、この村に住んでいるのは、「袖珍人(ミニサイズの人)」と呼ばれる身長130cmの「小人」たち。最年長は50歳過ぎで、最年少は20歳の若者という彼らは、「小人の国芸術団」を結成している。

 

「小人の国芸術団」は、見学に訪れた観光客に歌や踊りなどのパフォーマンスを披露していて大人気。パファーマンス中には、観光客が一緒に写真をとり、声援が飛び交うなど、終始熱気にあふれ、盛り上がっている。

小人②

初々しいカップルに笑顔があふれる仲間たち(出典:騰訊網)

 

この村に暮らす「小人の国芸術団」のメンバーは、安定した生活が基盤としてあり、時にはレストランを経営したり、自給自足をしたりと、思い思いの暮らしぶりを楽しんでいる。もちろん彼らの中からカップルも誕生して、次世代を担う子どももいる。

寒くなる時期には、キノコの家から付近の暖房完備のある宿舎に移り、寒い時期を越すそうだ。

 

ここに住む「袖珍人(ミニサイズの人)」は全国各地から集まり、「小人の国芸術団」のパフォーマンスで社会に理解や支援を求めているが、当然賛否両論の意見があり、「小人の国芸術団」が紹介されるたびにネット上では熱い議論が交わされる。

 

当の「小人」たちにはそのような議論を吹き飛ばすかのような笑顔で、日々観光客に向けてパフォーマンスを続けている。

小人③

「どう、いけてる?」という声が聞こえそうな笑み

(出典:騰訊網)

 

(情報源:http://news.qq.com/a/20161205/035276.htm#p=1)

 

※株式会社フライメディアは、中華圏と日本をつなぐ会社です。
本日御紹介した「小人村」関連の取材したい、もっと詳しくリサーチしてほしい、写真や映像を使用したいなどご要望がございましたら、是非弊社にお問い合わせください!

 


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒105-7110
東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター10F(1016室)
TEL: 03-5537-7281 / FAX: 03-5537-7282 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
United Smile Limited
九龍佐敦德興街12號興富中心19樓1906室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.