FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2016.10.06
後を絶たぬ万里の長城の落書き 16年前のポケベル番号も健在

10月5日、騰訊網によると、北京市にある八達嶺長城の壁面に文字を刻んで帰る観光客が絶えない中、先日も若いカップルが「落書き禁止」の看板に見向きもせず壁に傷を付け、写真撮影までしていたことがネットユーザーによって明らかにされた。

 

20161006

悪びれることなく長城の壁に傷をつける2(出典:騰訊網

 

このカップルは鍵を使って長城の壁に文字を刻んでいた。そのような行為が禁止されていると注意する観光客もいたが、2人は聞く耳を持たなかったとのことだ。

 

220161006

名前に続く数字は電話番号だ(出典:法制晩報

 

長城の壁への落書き問題は、今に始まった話ではない。30-40年前に刻まれたものさえ見受けられ、今もなお修復できていない状態なのだ。世界的な歴史遺産に対する、痛ましく恥ずかしい落書きの内容で最も多いと思われるのは、孫悟空が世界の果てと思いこんでお釈迦様の指に書き付けたとされる「到此一遊」。日本語で言えば「参上」といったところだ。

 

201610063

「君を愛している」系の落書きも多い(出典:法制晩報

 

そして、自分の名前を記したもの、「○○、君を愛している」と刻んだものも多い。さらには、名前とともに電話番号を残して帰る輩もいるから驚きだ。そして、驚きと同時に時代を感じさせるのが、2000年5月12日の日付が刻まれた「池国強」なる人物の書き込み。そこには、ポケットベルの番号が一緒に記されていた。決して褒められた話ではないが、万里の長城の落書きも、少しずつ歴史を刻んでいるようである。

 

201610064

16年間ポケベル番号を晒し続ける「池国強」さん(出典:法制晩報

 

参考元:http://news.qq.com/a/20161005/002624.htm#p=1

 

※株式会社フライメディアは、中華圏と日本をつなぐ会社です。
本日御紹介した「万里の長城の落書き」関連の取材したい、もっと詳しくリサーチしてほしい、写真や映像を使用したいなどご要望がございましたら、是非弊社にお問い合わせください!

 


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒105-7110
東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター10F(1016室)
TEL: 03-5537-7281 / FAX: 03-5537-7282 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
United Smile Limited
九龍佐敦德興街12號興富中心19樓1906室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.