FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2016.09.26
職人が発明!諸葛亮の輸送道具「木牛流馬」の現代版がスゴい!

921日、中国3大ポータルサイト・騰訊のニュースチャンネル「騰訊新聞」によると、吉林省の木工職人が発明した第三代小型「木牛」が高性能だと話題になっている。

 

1

三代目小型「木牛」のテスト走行(出典:騰訊図片)

 

 今年66歳の李景陽(リ・ジンヤン)さん。学歴は小学校卒だが、幼いころから機械や物理に興味を抱いており、木工職人として家具や家を作ってきた。年老いてからは、発明に目覚め、8年の歳月をかけ、三国時代に蜀の丞相・諸葛亮が発明したとされる輸送道具「木牛流馬」の現代版を発明した。

 

2

木牛流馬」の製造現場(出典:騰訊図片)

 

 

2014年末に「流馬」、2015年末に「木牛」を制作。「流馬」は、高さ1メートル40センチ、長さ2メートルで、車をけん引することが可能。「木牛」は、高さ1メートル20センチ、長さ2メートル16センチで、約150キログラムの貨物を輸送できる他、牛の腹部内には約100キログラムの糧食を入れることも可能。さらには、背に人を乗せ動くこともでき、貨物を輸送しない場合は、5人まで乗せることができる。

 

3

人を乗せ走行することも可能(出典:騰訊図片)

 

半年前、李さんは、再度「木牛」のバージョンアップを図り、高さ73センチ、長さ1メートル30センチ、幅40センチの三代目「木牛」が誕生した。二代目「木牛」よりサイズは小さいが、三代目はスムーズな動作が可能で、走行スピードが早いうえ、90キログラムの貨物を輸送でき、直径2メートル50センチのサークルを360度回転することも可能だ。

 

李さんは、「この小牛で多くの子供たちに楽しみを与えたい」と語る。

 

4

李さんの木牛(出典:騰訊図片)

 

 参考http://news.qq.com/a/20160922/006618.htm#p=1

 

※株式会社フライメディアは、中華圏と日本をつなぐ会社です。
本日御紹介した「吉林省の木工職人が発明した第三代小型・木牛」関連の取材したい、もっと詳しくリサーチしてほしい、写真や映像を使用したいなどご要望がございましたら、是非弊社にお問い合わせください!

 

 


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒105-7110
東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター10F(1016室)
TEL: 03-5537-7281 / FAX: 03-5537-7282 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
United Smile Limited
九龍佐敦德興街12號興富中心19樓1906室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.