FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2016.06.24
13年前と同じ!?軍隊並みの一糸乱れぬ整列を見せるツバメ現る

6月21日、四川省の地方紙『華西都市報』によると、四川の濾州市濾県では、毎晩20時よりツバメの群衆が電線に降り立ち、軍隊並みの一糸乱れぬ整列をしていると話題になっている。

 

1

等間隔で整列をするツバメの群衆(出典:華西都市報)

 

 20時、数羽のツバメが、四川省濾州市濾県玄灘鎮にある教師通りの電線にやってきた。上空で旋回をしては、ゆっくりと電線に降り立つ。着地する際も、規律正しく、1羽が降りた後、両脇を飛んでいた2羽も着地する。その間隔はほぼ等しい。もし、「横入り」をするツバメがいれば、「チュンチュン」と交流をし、仲間が着地しやすいように、電線上の両脇のツバメが横に移動する。もし、整列順に「不満」がある場合は、また「チュンチュン」と交流し、違う場所に降り立つ。約1時間後、数万羽のツバメが全て電線上に降り立つ。その姿は、まるで訓練を受けた軍兵のようである。

 

ツバメの群衆は、約半月前にやってきた。その後、雨の日も、風の日も、毎晩20時にやってきては、明け方の5時に去っていくという。現地の住民の話によると、実は13年前にも、同じ場所で、同様の現象が起こっていたという。住民は、「小動物は、洪水や地震など自然災害に敏感で不安だが、2度とも大きな災害は発生していない。俗に、ツバメは辛気臭い所にはやってこないと言われているので、飛んできたことは良いことなのでは?」と述べる。

 

2

約200メートルの電線にびっしり!(出典:華西都市報)

 

四川農業大学で野生動物を専門としている徐懐亮(シュ・フアイリャン)教授によると、このような現象は珍しい事ではなく、街の気温、通風や周辺の水源や食物と関係があり、「1羽が気温等適した場所を見つけると、仲間を連れてくることはよくあること」だという。

 

参考:

http://wccdaily.scol.com.cn/shtml/hxdsb/20160621/334921.shtml

 

※株式会社フライメディアは、中華圏と日本をつなぐ会社です。

本日御紹介した「電線ツバメ」関連の取材したい、もっと詳しくリサーチしてほしい、写真や映像を使用したいなどご要望がございましたら、是非弊社にお問い合わせください!


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.