FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2016.06.21
夫の命を救うため、3カ月で15kg減!「必ず長生きさせる」

6月17日、南京の地方紙『現代快報』によると、病の夫を救うため、妻は3カ月で15キログラムもダイエットし、腎臓移植手術に臨んだ夫婦がいるという。

QQ图片20160621101950

手術成功をSNSで妻に報告する韓さん(出典:現代快報)

 

6月14日は、江蘇省海安県に住む韓愛国(ハン・アイグオ)さんにとって、生まれ変わった日でもある。

 

4年前、韓さんは不幸にも尿毒症を患った。尿毒症とは、腎機能が低下し、末期の腎不全の状態を言う。妻の田志宏(ティエン・ジホン)さんは、周囲に借金をして夫の治療費に当てたが、一向に改善せず、毎回4時間、週に3回の透析を4年間続けた。

 

その後、医師から、根本から治療するには腎臓移植しかないと告げられた田さんは、自身の腎臓を提供する決心をする。一般的に血縁関係のない夫婦の腎臓が適合する可能性は低いが、イチかバチか試したいと検査をすると、結果は「適合」。しかし、喜ぶ田さんをよそに、韓さんは手術には猛反対した。リスクも大きく、万が一失敗した場合、一家の支えがなくなってしまう。しかし、田さんの決意は固く、「あなたの命、私が必ず長生きさせてみせる」と何の迷いもなく述べると、韓さんは泣き崩れた。

 

腎臓は「適合」という結果だったが、田さんは肥満体型で、一部数値が手術不適合となった。これを受け、田さんは、必死でダイエットをした。朝6キロメートル、晩に9キロメートル、毎日15キロメートルのジョギングに、食事制限をし、80キログラムあった体重を65キログラムまで落とした。

 

そして、運命の手術の日である6月14日。手術は見事成功した。二人の病室は別室だったため、SNSで連絡を取り合い、手術の成功を喜んだ。田さんの腎臓は今、韓さんの中で生きている。

 

参考:

http://dz.xdkb.net/html/2016-06/17/content_434212.htm

 

※株式会社フライメディアは、中華圏と日本をつなぐ会社です。

本日御紹介した「真実の愛」関連の取材したい、もっと詳しくリサーチしてほしい、写真や映像を使用したいなどご要望がございましたら、是非弊社にお問い合わせください!


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒105-7110
東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター10F(1016室)
TEL: 03-5537-7281 / FAX: 03-5537-7282 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
United Smile Limited
九龍佐敦德興街12號興富中心19樓1906室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.