FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2016.05.31
もっとも危険な通学路!通行手段は、断崖絶壁の「天の梯子道」

5月30日、中国の地方紙『華西都市報』によると、四川省に「断崖絶壁の村」と呼ばれる村が存在し、子どもたちは断崖絶壁に架けられた梯子を使い通学しているという。

QQ图片20160531102052

断崖絶壁にかけられた梯子…(出典:華西都市報)

 

 

「断崖絶壁の村」と呼ばれるのは、四川省涼山イ族自治州にある阿土勒爾村。大渓谷の絶壁の上に位置し、標高は約1400メートル、地上からの垂直距離は約800メートル。封鎖的な土地のため、一度は桃源郷となり、自給自足の生活で、戦争とも無縁だった。しかし、それゆえに情報も入ってこず、外の世界から取り残されてしまった。

QQ图片20160531102127

手すりも命綱もない、ただの梯子!(出典:華西都市報)

 

阿土勒爾村から一番近い小学校「勒爾小学校」は、絶壁の下に位置する。距離にして、わずか4キロメートルだが、途中、218段もある「天の梯子道」を通る。下山は1時間程度、登りは90分程度だが、村人以外は2倍近いの時間がかかる。この他にも通学路は2通りあるが、ひとつは季節により危険を伴ったり、もうひとつは、全長18キロメートルで遠回りしなくてはならないので、皆、「天の梯子道」を選択する。

 

QQ图片20160531102155 QQ图片20160531102142

滑ったら一巻の終わり(出典:華西都市報)

 

 

「天の梯子道」はいつできたのか?それは、今年53歳の村人も分からず、おそらく「祖先たちが道なき道を行くうちにできたのだろう」という。この20年間で、変わったところは、木の梯子が鉄の梯子になったくらいだ。

 

子どもたちは、このような地理的理由から、10日間続けて授業があり、その間、学校の宿舎で生活し、その後、4日間休みとなり、家に帰るというサイクルになっている。また、梯子で通学する際には、保護者が必ず送迎をすることが決まりとなっている。

 

2009年以降、死亡事故は起きていないというが、通行手段が改善される見込みもなく、命がけの通学はこれからも続きそうだ。

 

 

 

 

参考:

http://cn.chinagate.cn/news/2016-05/30/content_38561296.htm

 

※株式会社フライメディアは、中華圏と日本をつなぐ会社です。

本日御紹介した「天の梯子道」関連の取材したい、もっと詳しくリサーチしてほしい、写真や映像を使用したいなどご要望がございましたら、是非弊社にお問い合わせください!


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒105-7110
東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター10F(1016室)
TEL: 03-5537-7281 / FAX: 03-5537-7282 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
United Smile Limited
九龍佐敦德興街12號興富中心19樓1906室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.