FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2016.05.30
仰天!未来の特殊バス登場。1200人乗りで渋滞も緩和できる?そのスケールの大きさに着目する!

5月19〜22日、北京で行われた「第19回北京科学技術産業博覧会」で1200〜1400人乗りの「特殊バス」が発表され、国内外メディアから一躍脚光を浴びた。この「特殊バス」、外観からは交通手段には見えず、巨大な箱のようで、とてもユニークな形状をしている。正面から見ると上部が車両になっていて、真ん中が空洞だ。静止した状態だとまるで路上に現れたトンネルのようでもある。このユニークな形状をしている「特殊バス」が都市の課題である「渋滞」解消の救世主になると関係者は語っている。

 

1

渋滞解消に画期的な「巴鉄」登場

(出典:騰訊網)

 

この「特殊バス」の名称はバス(巴士)と地下鉄(地鉄)をあわせた「巴鉄(バーティエ)」。

「巴鉄」の編成は3両編成。高さ4.6メートル、幅7.8メートル、長さ32メートルで、路面から上部の車両までの高さが2.1〜2.2メートル。バスのトンネンル部分を車高が2メートル以下の乗用車がラクラク通行できる設計だ。走行速度は、平均時速40キロで、最高時速が60キロ。本格的な導入が実現すれば1日40万人の輸送も可能だとのこと。では、この巨大な車両がどう走行させるかと言うと、道路上に設置されたレールを走行する仕組みになっている。

 

走行の動力源は電力で、排気ガスもなく大気汚染解消へも貢献できるのではないかと期待される。巨大な輸送力も魅力的だが、建設コストも地下鉄の五分の一以下、建設期間も地下鉄が5〜6年かかる距離を「巴鉄」は1年もあれば完成できる、とまさにどれをとっても申し分のない「巴鉄」の導入。

 

2

将来、乗用車が吸い込まれていくような光景が見られる?!(出典:騰訊網)

 

道路を立体的に活用し、渋滞を緩和しようとする中国の新たな挑戦。今年8月には河北省秦皇島市で試運転を行うとしている。実用化に向けて着々と準備が進められているこの「巴鉄」が都市の交通渋滞という課題を解消できるか、中国国内だけではなく、国外も注目している。

 

参考:http://news.qq.com/a/20160526/052901.htm#p=1

         http://finance.qq.com/a/20160525/013103.htm

 

※株式会社フライメディアは、中華圏と日本をつなぐ会社です。

本日御紹介した「未来の特殊バス」関連の取材したい、もっと詳しくリサーチしてほしい、写真や映像を使用したいなどご要望がございましたら、是非弊社にお問い合わせください!

 


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒105-7110
東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター10F(1016室)
TEL: 03-5537-7281 / FAX: 03-5537-7282 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
United Smile Limited
九龍佐敦德興街12號興富中心19樓1906室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.