FLY MEDIA BLOG FLY MEDIA BLOG
2017.07.31
氷に水にスイカ…さまざまな方法で猛暑をしのぐ、動物園のアイドルたち

2017年7月28日、騰訊網によると、真夏の酷暑に見舞われている中国各地の動物園で、動物たちが様々な形で暑さをしのいでいる。

 

水を浴びて涼しげな表情を見せるトラ(出典:騰訊網)

 

 

7月から8月の最も暑い時期のことを「三伏」と呼ぶ。中国ではこの「三伏」が真夏の盛りを示す代名詞となっているのだ。「三伏」に入って以降、中国各地ではたびたび40度前後の猛暑になっている。暑さに参っているのは、人間も動物たちも一緒だ。

 

氷の上で恍惚とした表情のレッサーパンダ(出典:騰訊網)

 

湖北省の武漢動物園ではレッサーパンダが氷の上に乗って涼をとっていた。安徽省黄山市のバイオパークにいるジャイアントパンダは特性のアイスキャンデーを加えてご満悦。山東省の煙台動物園では、子どものクマがフルーツ入りの氷の塊に夢中になっている。

 

ニシキヘビの全身浴。気持ちよさそうだ(出典:騰訊網)

 

氷で涼む動物もいれば、水で暑さをしのぐ動物もいる。河北省の石家荘動物園では毛を刈ったばかりのアルパカが池に入り、涼しげな表情を見せていた。河南省鄭州市の動物園ではサルたちがキャッキャと水浴びに興じたほか、金色のニシキヘビが頭だけ出しての全身浴。湖北省恩施州では、水牛たちが泥水に入って体の熱を逃がす光景が見られた。

 

大事そうにスイカを受け取るオマキザル(出典:騰訊網)

 

夏の果物の王様、スイカは人間だけのものではない。浙江省寧波市の動物園ではオマキザルが、武漢動物園ではゾウが、安徽省阜陽市の動物園ではオウムがそれぞれスイカを頬張っていた。

 

毛もきれいに刈られ、涼やかなアルパカコンビ(出典:騰訊網)

 

涼しい秋がやってくるまで、暑さとの戦いはまだまだ続く。

 

(情報源:http://news.qq.com/a/20170728/012893.htm#p=1

 

※株式会社フライメディアは、中華圏と日本をつなぐ会社です。
本日御紹介した「猛暑の動物園」関連の取材がしたい、もっと詳しくリサーチしてほしい、写真や映像を使用したいなどご要望がございましたら、是非弊社にお問い合わせください!


お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

東京本社 Tokyo Headquarters
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
Tel:03-6206-3414 / Fax:03-6206-3415 / MAIL: desk@flymedia.co.jp

中国法人 China Corporation
FLY MEDIA CHINA(優視飛翔(北京)文化伝播有限会社)
〒100022 
中国北京市朝陽区広渠外大街8号優士閣A-2109
TEL: 8610-58612349 / FAX: 8610-58612308

香港法人 Hong Kong Corporation
FLY MEDIA HONG KONG
香港九龍金馬倫道48号中国保険大廈7楼F室

© FLY MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved.